お仕事コラム一覧

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。

良いお正月を迎えられたでしょうか?

2018.2

弊社は昨日、2018年の仕事初めを迎えました。

本年は、人材派遣にとって大きな問題である、「2018年問題」にいよいよ直面します。

2015年の改正派遣法で、派遣社員の派遣期間の制限が見直され、『派遣社員は個人単体で、同一の組織単位で働けるのが3年まで』となり、その最初の期限が2018年9月末となります。

(組織単位を変えれば、同一の事業所に、引き続き同一の派遣労働者を(3年を限度として)派遣することができます。)

私たち派遣会社が今、やるべき事は、有期雇用から無期雇用への転換や、他の派遣就業先への紹介など、個人の状況に応じた対応ができるように、現状を把握し、対策を検討し、準備を進めることだと考えています。

人にはそれぞれのライフスタイルがあります。一人ひとりの状況に最適な提案をし、喜んでいただけるように、心を込めてがんばります。

また、派遣先企業さま、スタッフのみなさまに、安心していただける環境づくりに、今年も全力で取り組んでまいります。

2018年も、ヒカリネッツを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月5日 社員一同

2018.1

 

 

ごあいさつ。

ヒカリネッツはおかげさまで本日、2017年の仕事納めとなりました。

本年も弊社に多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございました。

11年目を歩き出した2017年。

これまで縁あってヒカリネッツに携わっていただいている、たくさんの人との繋がりに助けられ、少しずつですが、また成長できた1年になったのではないかと実感しています。

御縁に感謝いたします。

2018年は、ますます実りある年になるよう、精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

よいお年をお迎え下さい。

2017年12月29日 ヒカリネッツ社員一同

 

 

年末の時期

仕事やイベントに忙しい年末の時期、家中の掃除を効率よく終わらせるコツです。 何から始めたら…?という方に・・・

 

順番のポイント

・不用品の処分は必ず一番最初に
・食べ物カスや油汚れ、水が飛び散るキッチン・水回りから始める
・高い位置にあるものからホコリを取り、拭き掃除
・玄関より遠い場所から順番に

大まかな順番

1…不用品の処分
2…キッチン
3…トイレ・浴室・洗面所
4…各部屋(玄関から遠い順に)
5…床、廊下、階段
6…玄関
7…ドアノブ、手すりなど

 大掃除だからといって、家中をすべて隅々まで掃除する必要はありません。
普段の掃除では手をつけていない箇所や、ここだけはきれいにしたいという箇所をまとめて掃除する、それが大掃除と考えましょう。
大きい家具や家電を動かしてホコリを取る、カーテンを洗う、窓のサッシのゴミを掻き出すなど、定期的にはできないからこそ、この機会に少しだけ時間をとってきれいにしてみましょう!

まず「どこを掃除したいか」を決めることで必要な掃除用具も揃えやすくなり、掃除の途中で買い物に行く手間も省けます。
目についたところから始めて中途半端に終わってしまうより、決めた場所を一つずつきれいにしていく方が達成感もありおすすめです。
スッキリした気持ちで新年を迎えられるよう、理想のきれいな家を思い浮かべながらリストアップしてみてください。

派遣のメリット

派遣社員のメリット

① 自分の得意分野やキャリアを活かした業務に就ける
② 働きたい期間や時間帯を決めて仕事を探せる
③ パートやアルバイトとして働くよりも給与水準が高い
④ 組織のしがらみや人間関係などに縛られにくい

 

人材派遣の仕組み

人材派遣は、「派遣元」「派遣先」「派遣労働者」という3者の関係で成り立っています。派遣元(人材派遣会社)に登録し、派遣元と雇用関係を結んだ派遣労働者(派遣スタッフ)が、派遣先(就労する会社)に出向き、派遣先の指揮命令のもとで就労する形をとります。

 

 

疲労回復方法

「なんだか最近、疲れが取れない」そう感じることはありませんか?
ある調査によると、日本人の3分の1以上が慢性的な疲労を感じているそうです。仕事では効率化を求められる分神経を使い、さらに毎日残業が続いて、心身ともに疲れていませんか?そして休日はゆっくりするのがもったいなく感じて、予定を詰め込んでしまうか、平日の睡眠不足を補うためにどっぷり眠ってしまって起きたらお昼なんてことも。いろいろやっても、結局いつも感じる慢性的な疲れ、その原因と疲労回復方法を教えます!

夜のリラックスタイムに落とし穴が!

夜は、一日のうちで一番のリラックスタイム。
その過ごし方は、疲労の回復に大きく影響します。

日が落ちて暗くなると、からだの働きは体内時計によって休息モードに。
この自然なからだの働きにそった過ごし方をすれば、疲労のとれる質の良い睡眠が得られます。

しかし、パソコンやテレビの光を長時間浴びたり、ゲームなどで興奮したりすると、交感神経が刺激され脳が興奮してしまうことに。
そのため、ベッドに入ってもなかなか眠れなくなってしまうのです。
夜は、大好きなゲームで気分転換!
という人は、遅くなりすぎないように気を付けて。

入浴は温度が重要!

疲れをためない夜の過ごし方として、おすすめなのが「入浴」。
湯船にゆっくりとつかるようにすると、シャワーだけでは得られない疲労回復効果があります。
ただし、ここで気を付けるべきは、お湯の温度!

【お湯の温度が高い場合】
交感神経が活発になり、からだが覚醒。
【ぬるめのお湯の場合】
副交感神経が活発になり、血管が開いて血圧が低くなる。
からだの緊張がとれてリラックスできる。

つまり、夜はぬるめのお湯にゆっくりつかる方が正解。
もう一つ、湯船につかるといいことが。
それは、消化管の血流が増えるので、夕食などでとりこんだ栄養素が効率的に吸収されやすくなること。
栄養面からも代謝を円滑にし、疲労が回復しやすくなるんです。

20歳。

12月に入り、さすがに寒さも厳しくなってきました。

町はもう、クリスマスモードですね。

クリスマスが過ぎたら、今年も終わりが近づいてきます。

今年、娘が20歳になり、年が明けると成人式を迎えます。

一足先に振袖姿で写真を撮って来ました(事前に写真を撮ることを、前撮りと言うそうです)。

ふりそで

私が20歳の時に着た着物を、今風にアレンジして着てくれました。

(写真には映っていませんが、ヘッドドレスをかぶり、ブーツを履いています)

小物は、好きなピンク色のものを自分で買い揃えていました。

自分が着た着物をかわいく着てくれた事が、とても嬉しかったです(*´∀`*)

成人式本番も、楽しみなようです♪

いよいよ成人。人生の、船出の時なのかもしれません。

彼女の未来が、いつもささやかな希望の光で照らされていますように。

 

 

\時給 2000円/ 短期のお仕事

紀ノ川市 製造   2018年1月末迄のお仕事です!

組立、加工のお仕事です。未経験者歓迎♪♪

8:20~17:20   残業、2交代の可能性あり

車通勤可

時給   2000円!

10人以上の募集です。お気軽にお問合せ下さい!

 

インフルエンザの予防方法

(1)正しい手洗い

私たちは毎日、様々なものに触れていますが、それらに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。

ウイルスの体内侵入を防ぐため以下のことを心がけましょう

外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う

ウイルスは石けんに弱いため、次の正しい方法で石けんを使う

(2)ふだんの健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなりますし、感染したときに症状が重くなってしまうおそれがあります。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

(3)予防接種を受ける

インフルエンザを発病した後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、重症化してしまう方もいます。インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、また最も大きな効果として、重症化を予防することが期待できます(※)。なお、接種回数は、13歳以上は原則1回、13歳未満の方は2回となります。
※ワクチンを打っていてもインフルエンザにかかる場合があります。

(4)適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保つことも効果的です。

(5)人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、不要不急のときはなるべく、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

 

お祭りの作り方。

長雨に悩まされた先週から一変、今日は秋晴れのさわやかな一日です。

朝晩はかなり寒くなってきました。早めの防寒対策で、体調を崩さないように備えてくださいね。

 

さて、先週の土曜日に、私が所属するよさこいチームが作ったお祭りが開催されました!

20のよさこいチームが、それぞれにステキな演舞を披露してくれました(*´∀`*)

今回は一般に告知せず、踊り子さんには、他のチームをゆっくり観て応援しながら楽しんでもらう、というちょっと変わった趣旨で行われました。

通常よさこいのお祭りでは、演舞順が決まっており、踊るまでに長い時間、待機場所で待つことが多いのです。

このため、他のチームの演舞を観る時間があまりない場合があります。

今回は、踊り子は踊り子である前に観客、というスタイル。

自分のチームの曲が鳴ったら、ダイレクトに観客エリアからステージに上がって演舞してもらう、という内容です。

yurase2

私はお祭り作りなど、今まで縁もゆかりもなかったのですが、今回実行副委員長という立場になり、約8ヶ月をかけて、当日までの準備をしました。

それは、想像していたよりも、何倍も大変な作業でした。

金銭面、安全面、危険予知、設営、運搬、スケジュール、人員、など、考えておかなければならない事はたくさん(゚д゚)!

そんな中、最も大切だと思った事。それは、『チーム力』です。想いが共有できている。大きな温度差がない。役に立ちたいと考えてくれている。というような、一人ひとりの気持ちの部分がとても重要で、これは何ものにも変えられないチームの財産だと気づかされました。

一人ひとりは微力でも、全員の微力を結集すれば、果てしない力になることに、とても感動しました。・゚・(ノД`)・゚・。

yurase1

ステージに設置する看板作り。勢いで、躊躇なく書きました(笑)

お祭りの当日を迎えるまでのプロセスはとても長い道のりです。しかも地道な下準備は、ほとんどが表に出ることではありません。

yurase3

でも、当日、参加していただいたたくさんの人の笑顔。楽しそうに踊ってくれている姿を見て、やってきて本当に良かった、と心から思いました。

yurase5

お餅投げも初体験♪

みんながお餅欲しさに呼びかけてくれるのが気持ち良かった(笑)

大変だった事も、全部お餅と一緒に飛んで行きましたヽ( ´ー`)ノ 笑

貴重な経験をさせていただき、感謝しています。

ハロウィンとは

今日10/31は、近年やたらと日本でも盛り上がってきたハロウィンです。

街中にも怖いメイクをした若者たちを見かけるようになりましたね。

ハロウィンとは、そもそもどんなお祭りなのでしょうか?

ハロウィンは、毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とするお祭りです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事です。

古代のケルトでは、1年間は11月1日~10月31日までで、新年の1日目である11月1日に、悪い精霊や神が現れると信じられていました。また、大みそかの10月31日には、死んだ人の魂が家族の元へ帰り、さらに悪霊や魔女が町をさ迷うとも言われ、死者の霊や悪霊たちが家に入らないよう、かがり火を焚き(カボチャのランタンのはじまり)、身を守るために仮面を被ったそうです。

その後は宗教的な意味合いよりも、民衆の楽しいお祭りとしての要素が強くなり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりするようになったそうです。

さて、私も、ハロウィンなどとはまったく縁がなかったのですが、その盛り上がりを体感するべく、ハロウィンシーズン中のユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました。

IMG_4850

オープンしたばかりのミニオンタウン。

ミニオンの仮装をした人も、パーク内でたくさん見かけました(*´∀`*)

IMG_4849

カワ(・∀・)イイ!!

IMG_4876

ロールケーキもミニオン!!

あいにくの雨模様でしたが、そのおかげで待ち時間なくいろいろなアトラクションを楽しむ事ができました♪

(こわーいお化け屋敷にも入りました(゚д゚)!)

子供が大きくなって、足が遠のいていたテーマパークですが、細部までこだわった世界観作りは、どんな年代の人にも、楽しさを存分に感じさせてくれます。

ハリーポッターの世界は、映画に迷い込んだようでした♪

18時からはホラーナイトと言って、ストリートゾンビが放たれるのですが、雨脚が強くなったので、体感せずに帰路に。

残念なような、ホッとしたような(笑)

それは、また来年の楽しみに取っておこうと思います。

11/10からクリスマスシーズンを迎えるユニバ。

今年のクリスマスツリーも、きっと綺麗でしょうね(*´∀`*)

 

 

1 / 2712345...1020...最後 »