お仕事コラム一覧

フェルメールの魅力。

3月も半ばを迎え、春がすぐそこまで来ている事を感じます。

この春新生活をはじめられる方は、準備で忙しいながらもワクワクと過ごされている頃でしょうか。

先日、大阪市立美術館で開催されている『フェルメール展』に行ってきました。

フェルメール

階段には「フェルメール・ブルー」(当時高価な原料で作られた青の絵の具を、フェルメールは惜しげもなく使いました。鮮やかな青は彼の絵の特徴となっています)を彷彿とさせる青い花の花壇が。

●●●●●●●

ヨハネス・フェルメール(1632-1675)は、バロック期(16世紀末にヨーロッパ全体に広まったドラマ性の強いダイナミックな技法を主流とした絵画)を代表するオランダの画家。

映像のような写実的な手法と綿密な空間構成、そして光による巧みな質感表現を特徴とする。

生涯のほとんどを出生地オランダで過ごし、妻と11人の子供がいたが生活は苦しく、43歳で亡くなった。

作品数が少なく、その多くが個人コレクションだったため、18世紀には忘れ去られていたが、19世紀になって「忘れられた画家」として再び脚光を浴びはじめた。

●●●●●●●

main_1

これは「取り持ち女」(1656)という作品です。

娼婦にお金を渡す派手な紳士。その様子をとなりで覗き見る老婆は、仲介人の「取り持ち女」です。

一番左で「何かいけないことが行われていますよ」、とこちらに教えながら笑っている紳士は、フェルメールの自画像だと言われています。

目線をこちらに合わせているのは、「絵の中の様子を知らせて問題提起するナビゲーター」である場合や、「作者自身」である場合などがあるそうです。

確かに、フェルメールと言われているこの男性は、ストーリー的にここにいるのは不自然ですよね。

97f3305dc6bdfbb70de44a04d3851270

「恋文」(1667)。

女主人がメイドから手紙を渡されて、リュートという楽器を弾く手を止め、心配そうにメイドを見つめています。メイドは安心させるように微笑んでいます。

後ろに飾られた絵は「旅人」を意味し、これは彼女の愛する人が遠くにいるということ。部屋を見ると、洗濯物やほうきが出しっぱなしで、「何も手につかないくらい恋愛にうつつを抜かしている」ことを伝えています。

その様子を、隣の部屋からこっそり覗いているような気にさせられる構図。

登場人物がどんな心情だったのか、想像を掻き立てられます。

この女性が着ているイエローにファーが付いたドレス。フェルメールのお気に入りだったようで、彼の何点かの作品に描かれています。踏まえて観てみると「また出てきた!」と思って楽しいです(笑)

また、この頃はオランダの黄金時代であり、この絵からも、女主人が恋愛にうつつを抜かしても、楽器の演奏に興じても、差し支えのない平和な世の中であったことがわかります。

一般庶民も絵をコレクションする時代だったそうで、フェルメールの絵に大きい作品がないのは、そんな理由からだとも言われています。

フェルメールの描く絵の、光と影のコントラスト。布の材質の違いまで、手に取るように伝えてくれます。

鮮やかな色づかいや女性の表情は、息を飲むような美しさです。

日常を切り取った場面はどこかミステリアスで、世界観に引き込まれます。

絵の中に入りこんで、登場人物のそれぞれのストーリーを探る旅ができたら楽しそうですね。

360年前の絵の実物を観ることができるなんて思っていなかったので、この貴重な体験にとても感動しました。

5月12日(日)まで大阪市立美術館で開催されているフェルメール展。みなさんも機会があればぜひ(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

桃の節句。

新年のご挨拶をしてから早くも1ヶ月が過ぎ、「行く、逃げる、去る」を実体験するような日々を過ごしています。

寒い日もまだまだ続きます。春の訪れが待ち遠しいですね。

節分が終わり(もう10日も前ですがι(´Д`υ))、もうすぐ「雛祭り」ですね。

雛祭りの歴史は遠く平安時代に遡ります。

平安貴族の子供たちの、雅な遊びごとであった人形遊びを「雛遊び」といいました。

そのころ、紙で作った人型を川に流して厄払いをする「流し雛」という行事もありました。

この2つが結びつき、雛人形は厄除けの「守り雛」として飾られるようになり、桃の節句に、女の子の成長と幸せを祈る行事として、今に残る「雛祭り」の風習となったのだそうです。

雛人形は、親王と親王妃のご婚礼の様子を表しているといわれます。

子供の頃、桃の節句のたびに飾られる綺麗な着物のお雛様や、小さな嫁入り道具(箪笥やお針箱)に、心が躍ったものです。

今は、住宅事情などにより、5段飾りや7段飾りのお雛様を飾る家は少ないのかもしれませんね。

江戸時代、大きな雛人形を飾ることが禁止された時期があり、小さくて精巧な雛人形が流行ったそうです。

今はまた、その流行りがきているのかも?笑

形にこだわらず、日本人が古来から受け継いできた「桃の節句」に、大切な人の幸せを願いたいと思います。

hinamaturi

(うちは100均のお内裏様とお雛様を飾りました笑)

桃の花が咲くまでもう少しでしょうか(*´∀`*)

2019年 新年のごあいさつ

新年、明けましておめでとうございます。

本年もすべてのご縁に感謝し、社員一同一丸となって精進してまいります。

皆様方にとりましても、素晴らしい一年となりますように。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ヒカリネッツ 社員一同

 

ごあいさつ。

今年も無事に1年を終え、まもなく2019年を迎えようとしています。

皆様方には、本年も、多大なるお力添えをいただき、心より感謝申し上げます。

今年の人材派遣業界は、2015年9月の改正派遣法から3年を迎え、いわゆる派遣の「2018年問題」に直面した年でした。

2018年問題とは…改正法(2015年9月30日施行)で、「同じ人が、同じ部署で働く事ができる期間が、最長で3年まで」と定められました。2018年は、それから最初の3年を迎えたため、派遣会社がどのように動くのか、対策が求められました(無期雇用への転換や、部署変更、直接雇用など)。

ヒカリネッツでも、この「2018年問題」に直面いたしました。

事前に情報を収集し、派遣先ごとに対応を協議するとともに、派遣社員の希望を優先に、それぞれに良い結果に導けるよう、できる限りの努力をしてまいりました。

2019年も、ヒカリネッツは変わらぬ信念を持ち、多くの人と出会い、多くの喜びをつくって行けるよう、尽力してまいります。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

晴れやかな新年をお迎え下さい。

ヒカリネッツ 社員一同

 

 

 

進化するかまぼこ。

間もなく12月ですが、今日はとても暖かく、迫り来る年の瀬感を、なかなか持てずにいます(´∀`;)

とは言え、寒暖差が激しい日々、インフルエンザも流行の兆しが出ています。

お気をつけ下さいね。

さて、「勤労感謝の日」の11/23、和歌山城で「食祭」というイベントがありました。

和歌山城下に、食品加工業者や飲食店の自慢の品が集まり、たくさんのグルメ達が舌を鳴らしていましたよ。

私が食べたのは、これ!

ばくだん

なんだかわかりますか?(笑)

中身はこうなっています。

ばくだん2

ドライカレーがぎっしり!

名前は「ばくだんおにぎり」。

でも、この海苔のような部分は何と・・・・・ 『かまぼこ』なんです(*゚д゚)

とても食べ応えがあっておいしかった♪

かまぼこと言えば

かまぼこ

これですよね?うどんのおまけ。お弁当のすきま埋め。

(ごめんなさい( TДT)、大好きです、板かま)

それが、黒く丸い塊になって、中に洋風なご飯、ドライカレーが入ってるなんて!!

衝撃的でしたΣ(゚◇゚;)

この「ばくだんおにぎり」を作っているのは、『濱辰』さん。

海の幸豊かな和歌浦で、明治37年に創業された老舗です。

(現在は市街地に工場を移転されています)

こちらの4代目が、考えられたそう。

ほかにも気になる商品が。

カッフル

かまぼこスイーツ、「カッフル」。

見た目はワッフルにしか見えませんΣ(゚Д゚ υ)

もちろん魚のすり身で作られているので栄養価も高く、ほんのり甘いスイーツ。

どんな味なんでしょうか?

今、食べてみたいランキング1位です(笑)

生クリームやアイスクリームをトッピングしていただくのもお勧めなんだそう。

和歌山市の観光協会認定のお店や、おみやげ物屋さんで見つけらるそうです(*´∀`*)

ところで、濱辰さんの名物は、「扇かまぼこ」です。

hamatatsu_ougikamaboko_6

これは、濱辰の2代目が、春日野部屋に所属する『和歌木山』という力士だったことから、かまぼこを行事の呼出しの『扇』に見立てて命名されたのだそう。

扇は、末広がりで、繁栄を意味する縁起の良いものとされているので、お祝い事なんかにはぴったりです。

伝統を守りながらも、かまぼこを若い世代にも食べてもらおうと試行錯誤されている四代目。

苦労もおありでしょうが、おもしろいアイデアは、かまぼこのさらなる進化を見せてくれそうで、楽しみですね。

 

 

 

 

食欲の秋、とは。

10月も終盤を迎え、さわやかな風に秋らしさを感じます。

朝晩冷え込むこの時期、急な寒暖差に体調を崩されませんように。

さて、秋と言えば、『食欲の秋』ですね。

実りの季節で、おいしい食べ物がたくさんあり、困るくらいに食欲をそそります(笑)

食欲の秋

実は、それだけが『食欲の秋』の所以ではないのです。

暑い夏を乗り越えてきた身体は、この時期、とても疲れています。そこで、消耗した体力を回復させるためにエネルギーを欲します。このため、食欲が増すのです。

そしてこれから迎える寒い冬。冬は体温を上げるためにエネルギーを使います。つまり脂肪を沢山つけなくてはいけないのです。人を含め動物は、寒くなる前に体が脂肪を蓄えるモードにシフトチェンジするとともに、代謝を上げます。

冬は身体のエネルギー消費のため代謝が上がるので痩せやすいですが、脂肪もつきやすくなります。
温かい室内にいると、代謝が上がらず脂肪だけがついていく ので要注意です(;゚∀゚)

そしてもう一つ、『食欲の秋』と関連するものがあります。

”幸せホルモン”と呼ばれる「セロトニン」をご存知ですか?

脳内ホルモンの一つで、幸せを感じることで増え、心の安定をもたらしてくれます。

例えば、温泉にゆっくり浸かるとか、ゆっくり睡眠を取る事で、「セロトニン」が増えます。

この「セロトニン」を増やすには、太陽の光を浴びることが一番の方法なのですが、秋から冬にかけては、太陽の光を浴びる事が少なくなります。

そこで人は、おいしいものを食べて”幸せホルモン”を増やすのだそう。

確かに、おいしいものを食べると、幸せな気持ちになりますよね。

『食欲の秋』、満喫して下さい(*´∀`*)

 

 

100回目の甲子園。

台風の影響により、雨風が激しい昨夜でしたが、被害などはありませんでしたか?

和歌山市では停電した地域もたくさんあり、不安な一夜を過ごされた方も多くいたようですね。

携帯電話の充電はマメにしておく、ろうそくや懐中電灯を準備しておくなど、不測の事態に備えてさまざまな対策をしておくことが大切ですね。

さて、今年は特に暑い、熱い夏の甲子園が終わりました。

今年は記念すべき100回大会。結果は大阪桐蔭高校が、史上初、2回目の春夏2連覇を成し遂げる形で、優勝を果たしました。決勝戦は、まさに強豪らしい圧巻の勝利でしたね。

準優勝の金足農業高校も、秋田県勢として、103年ぶりの決勝進出でした。

金足農業高校、金農(かなのう)フィーバーはまだまだ続きそうです。私たちを夢中にさせた金農ナイン。

1cfc8170a8af5be300a7b24e11fc89cc_1534840661_2

公立の農業高校の今回の活躍は、『平成最後の百姓一揆』と、例えられています。

スタメンは全員秋田出身の3年生で、地方大会から甲子園決勝まで、ずっと同じメンバーで闘い、ピッチャーの吉田輝星くんは、準決勝まで1人で投げぬきました。

吉田くんは、中学生の時から注目のピッチャーだったそうです。高校進学時には、強豪校からの誘いを断り、お父さんが高校時代に果たせなかった甲子園出場を自分が果たすために、お父さんの母校である金足農業高校に進学したんだそう。

このとき吉田くんの熱意で野球部に入った仲間のうち、6人はなんと野球未経験者だったそうです。

金農野球部は、『お家芸』と言われているバントを駆使して決勝進出まで競り勝ってきました。

近江戦のサヨナラ2ランスクイズ(1塁に送球処理している間に、2.3塁の選手がホームイン)はお見事!でしたよね。

打撃練習では実に8割がバント、2割がバッティングの練習なんだそう。

「バントは金農の伝統」と中泉監督も語っています。

金農の強さはバントだけではありません。吉田くんの、どんな時も冷静でポジティブなメンタルの強さ、野球部全体に漂う明るさ、そして、地方大会から変わらぬメンバーで闘ってきた仲間との絆の深さ。

見ていてすがすがしい気持ちになりました。

校歌斉唱も力いっぱい!『全力校歌』と言われ、今季、夏の甲子園の名物になりましたね。

post_24479_kanano

閉会式では『虹』が出て、高校野球の奇跡の夏を、素敵な演出で締めくくってくれました。

DlG6IUoU4AIkUJ2

100回大会の夏の甲子園、観客動員数は過去最高だったそうです。

若者たちの青春の1ページに魅了された人がたくさんいたのでしょう。

来夏は、どんなドラマを見せてくれるでしょうか。

 

 

お昼ごはん。

先日久しぶりにあれが食べたくなり、和歌山市駅近くの老舗、『カレーヤ食堂』へ。

698e86e08ffb747b6172238e0cd8a57f

長く変わらない佇まいの店構え。店内も、なつかしい昭和の趣きです。

このお店、カレーヤと言いながら、イチオシはカレーではありません(もちろんカレーも看板メニューですが)。

カレーヤ1

そう!人気メニューはこの『バラホル』。

豚バラに、絶妙に濃い甘辛だれを絡めたもの。名前がややこしいですが、ホルモンではなく豚バラです。

この名物をお目当てに、ランチの時間はたくさんの人で賑わいます。

やっぱりいつ食べてもおいしい!!写真は普通サイズですが、ダブルもあります。

からしが添えられているので、後半はつけながら食べると違った味が楽しめます。

そして、せっかくなので、カレーヤのカレー。

カレーヤ2

見た目に違わず昔ながらのおいしいカレー。けっこう辛めです。

バラホルは480円。カレーは500円。安いです。

カレーも捨てがたくて、バラホルとカレーを注文しましたが、バラホルにはやっぱり白ご飯が合うな、と再確認。甘辛いタレの濃さを、白ご飯で受け止めながら食べるのが、最高においしい食べ方だと思いました。

和歌山のソウルフードの1つである『バラホル』。

機会がありましたらぜひご賞味下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

 

ことわざのこと。

緑がさわやかに萌える5月になりました。

お天気の移り変わりが激しく、朝は肌寒くても日中は暑いくらいの陽気になったりします。

急な気温差に、体調をくずされませんように。

 

さて、世界にはたくさんのことわざがあります。そのことわざは、どんなシチュエーションで誕生したのでしょう?

『急がば回れ』(いそがばまわれ)

●急ぐときには、危険な近道より、遠くても安全な道を通るほうが結局早い。安全で着実な方法をとれといういましめの言葉です。

■これは、実は琵琶湖のことなのです。東海道五十三次の草津から大津に向かうとき、船で琵琶湖を横断するほうが、瀬田の唐橋を経由する陸路よりも近かったそうです。

しかし、船旅は困難なもので、この地特有の比叡おろし(比叡山から吹き降ろす突風)により、船は転覆したり進まなかったりととても危険でした。

結局、地道に陸路を行くほうが、早かったそう。

ここから生まれたのが、『急がば回れ』。

e0044657_2314569

 

『覆水盆に返らず』(ふくすいぼんにかえらず)

●一度器からこぼしてしまった水は、もとの器に二度と戻らないように、一度してしまったことは、元の状態には戻せない、という意味です。

■中国の周の時代、呂尚という人が、一日中、読書だけして働こうとせず、貧乏生活が続いたため、妻は愛想を尽かして実家に帰ってしまいました。

ところがその後、呂尚は王に見出され、大出世して「太公望」と呼ばれるようになります。

それを知った元妻は復縁を迫りましたが、そのときに太公望は盆の水をこぼして、「これを元の器に入れることができたら、復縁しよう」と言ったことが、このことわざのはじまりです。

『弘法も筆のあやまり』(こうぼうもふでのあやまり)

●どんな名人上手でも、ときには失敗するという意味です。

■弘法大師はその当時、嵯峨天皇(さがてんのう)・橘 逸勢(たちばなのはやなり)とともに”三筆”といわれるほどの筆の名人でした。

あるとき、弘法大師は勅命によって平安神宮の「応天門」に設置する額に、文字を書くことになりました。

「応天門」と書き上げ設置したのはよかったのですが、よく見ると、「応」の字の点が1つ足りません。

驚いた弘法大師は、すぐに筆を投げて点を打ち、その場の人びとの喝采を受けたのですが、その後、あんな偉い人にも失敗があるものだと、都のうわさになったということです。

これは「今昔物語」に出てくる逸話です。

応天門

 

『漁夫の利』(ぎょふのり)

●二者が争っている隙に、なんの努力もなしに、第三者が利益を横取りし、得をすることをいいます。

■中国の戦国時代の史書「戦国策(燕策)」の故事に由来しています。

中国の趙(ちょう)が燕(えん)の国に戦争をしかけ始めたとき、燕の蘇代(そだい)が趙の恵文王(けいぶんおう)に次のような話をしました。

「今日、川でハマグリとシギがケンカをしていました。シギはハマグリの肉を食べようとしましたが、ハマグリはシギのくちばしを貝がらで挟んで応戦しています。

このように両者が譲らない争いをしているときに、そこにたまたま通りかかった漁夫が、シギとハマグリをつかまえて思わぬ得をしました。

いま、燕と趙が戦争になったら、漁夫は秦(しん)という国になります」

このたとえ話を聞いた趙の恵文王は、燕を攻めることを思いとどまりました。

『逆鱗に触れる』(げきりんにふれる)

●「上司の逆鱗に触れてしまい、2時間説教を受けた」などと使われますが、ご機嫌を損じたり、叱られることを意味します。

■中国には、古くから竜にまつわる諺や言葉がたくさんありますが、この逆鱗もそのひとつで、「逆鱗」とは、竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えた鱗(うろこ)のことです。

この鱗に触れると普段はおとなしい竜が怒り、必ず殺されるという伝説から、君主の怒りを買うことを「逆鱗に触れる」と言うようになったようです。

出典は「韓非子」の中の説難篇(ぜいなんへん)にあります。

それによると、「竜はおとなしい動物で、人も平気で乗ることができる。しかし、そののどの下には、直径1尺ほどの逆さに生えた鱗、つまり逆鱗が一枚だけある。もし人がそれに触れたりするとそのときは怒って人を殺してしまう」とあります。

このことから転じて、上司や先生など目上の人に逆らったり、社長のご機嫌を損じると、激しい怒りを買うということで、「逆鱗に触れる」が用いられるようになりました。

e0128026_23391512

 

どうでしょうか?調べてみれば奥が深いことわざの世界。

言葉の奥にある物語は、歴史を感じさせてくれておもしろいですね。

 

マンホールの秘密。

4月も半ばを過ぎ、どこかへ出かけたくなるような陽気です。

例えばどこかへドライブして食べ歩きをしたり、温泉にゆっくり入ってのんびりしたり、日常を忘れてリフレッシュすることで、ストレスを解消するのも良いですよね。

どこかの町へ旅に出かけたら、マンホールに注目してみるとおもしろいかも知れません。

地下に埋められている設備を点検・管理するために人が出入りする穴、それがマンホールです。

 

■マンホールはなぜ丸いの?

四角だと、開けた蓋が中へ落下し、作業している人を直撃する恐れがあります。もともとマンホールの穴は蓋よりも少し小さくしてあるので、丸い形なら穴へ落ちることを防げるのです。

■マンホールの蓋の秘密

マンホールは、ほとんどの場合、公道にあります。道路は歩行者だけでなく車やバイクなども通るため、マンホールの蓋は橋とほぼ同じ基準でつくられていて、とても頑丈です。

日本のマンホールの蓋は普段は外から開けられないようになっていて、専用の工具を使用しないと中に入れない仕組みです。そのため、防犯面も安心です。大雨や洪水などで冠水が起き、蓋に下から圧力がかかった場合でも、蓋に錠と蝶番が付いているため、蓋が圧力に負けて飛ぶこともありません。

また、蓋はサビにくい鉄製で、歩行者や車が滑らないように模様がつけられたデザインになっています。

■マンホールの蓋のデザインの楽しみ方

マンホールの蓋にはユニークな歴史や、いろいろなデザインがあります。
映画『ローマの休日』でおなじみ、イタリア・ローマにある大人気の観光スポット「真実の口」は、もともと2000年ほど前に使用されていた下水溝のマンホールの蓋でした。

現在の日本では、ご当地のゆるキャラや観光スポット、名産品、人気アニメのキャラクターなどの模様を描いた「デザインマンホール」を各地で見ることができます。

広島県にはプロ野球「広島カープ」のキャラクター「カープ坊や」が描かれたマンホールがあります。

c_maminitaol_03

漫画家やなせたかしさんが育った高知県に『アンパンマン』の模様が描かれたマンホールがあり、地元の人たちに親しまれています。

img_0

こちらは岩手県。小袖海岸で活躍する「北限の海女」のマンホールです。勇ましい立ち姿の海女さんがステキですね。

iwate

東京都には、小林一茶の『痩せ蛙 まけるな一茶 是にあり』の句と、かわいい蛙のマンホールが。

tokyo

地元和歌山はというと、名産「紀州てまり」がデザインされたマンホールがありました。

わかやm

おもしろいものやきれいなものなど、デザイン的に見ごたえがあるだけでなく、その土地のこともわかって楽しいですよね。

また、「骨董蓋」と呼ばれる、昔ながらの姿を今に残すマンホールの蓋があります。

広島県には、戦前につくられたマンホールが、現在まで壊れずにその姿を残しています。東京都にも、戦前につくられ、すでに消滅した自治体の名前や紋章が描かれた蓋があり、今も見ることができます。

これまで気に留めていなかった人も、何気なく下を見てみると、珍しいデザインや、ノスタルジックなマンホールの蓋に出あえるかもしれません。

特にデザイン性のない、スタンダードなマンホールの模様でも、その特長や記号で、地域をある程度特定することができるそうです。災害時などに覚えておくと良いかも知れませんね。(SNSなどにアップする際は気をつけたほうが良い場合もあります)

マンホールも奥が深いですね。

みなさんもお気に入りのマンホールを見つけてみて下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

1 / 2812345...1020...最後 »