お仕事コラム一覧

100回目の甲子園。

台風の影響により、雨風が激しい昨夜でしたが、被害などはありませんでしたか?

和歌山市では停電した地域もたくさんあり、不安な一夜を過ごされた方も多くいたようですね。

携帯電話の充電はマメにしておく、ろうそくや懐中電灯を準備しておくなど、不測の事態に備えてさまざまな対策をしておくことが大切ですね。

さて、今年は特に暑い、熱い夏の甲子園が終わりました。

今年は記念すべき100回大会。結果は大阪桐蔭高校が、史上初、2回目の春夏2連覇を成し遂げる形で、優勝を果たしました。決勝戦は、まさに強豪らしい圧巻の勝利でしたね。

準優勝の金足農業高校も、秋田県勢として、103年ぶりの決勝進出でした。

金足農業高校、金農(かなのう)フィーバーはまだまだ続きそうです。私たちを夢中にさせた金農ナイン。

1cfc8170a8af5be300a7b24e11fc89cc_1534840661_2

公立の農業高校の今回の活躍は、『平成最後の百姓一揆』と、例えられています。

スタメンは全員秋田出身の3年生で、地方大会から甲子園決勝まで、ずっと同じメンバーで闘い、ピッチャーの吉田輝星くんは、準決勝まで1人で投げぬきました。

吉田くんは、中学生の時から注目のピッチャーだったそうです。高校進学時には、強豪校からの誘いを断り、お父さんが高校時代に果たせなかった甲子園出場を自分が果たすために、お父さんの母校である金足農業高校に進学したんだそう。

このとき吉田くんの熱意で野球部に入った仲間のうち、6人はなんと野球未経験者だったそうです。

金農野球部は、『お家芸』と言われているバントを駆使して決勝進出まで競り勝ってきました。

近江戦のサヨナラ2ランスクイズ(1塁に送球処理している間に、2.3塁の選手がホームイン)はお見事!でしたよね。

打撃練習では実に8割がバント、2割がバッティングの練習なんだそう。

「バントは金農の伝統」と中泉監督も語っています。

金農の強さはバントだけではありません。吉田くんの、どんな時も冷静でポジティブなメンタルの強さ、野球部全体に漂う明るさ、そして、地方大会から変わらぬメンバーで闘ってきた仲間との絆の深さ。

見ていてすがすがしい気持ちになりました。

校歌斉唱も力いっぱい!『全力校歌』と言われ、今季、夏の甲子園の名物になりましたね。

post_24479_kanano

閉会式では『虹』が出て、高校野球の奇跡の夏を、素敵な演出で締めくくってくれました。

DlG6IUoU4AIkUJ2

100回大会の夏の甲子園、観客動員数は過去最高だったそうです。

若者たちの青春の1ページに魅了された人がたくさんいたのでしょう。

来夏は、どんなドラマを見せてくれるでしょうか。

 

 

お昼ごはん。

先日久しぶりにあれが食べたくなり、和歌山市駅近くの老舗、『カレーヤ食堂』へ。

698e86e08ffb747b6172238e0cd8a57f

長く変わらない佇まいの店構え。店内も、なつかしい昭和の趣きです。

このお店、カレーヤと言いながら、イチオシはカレーではありません(もちろんカレーも看板メニューですが)。

カレーヤ1

そう!人気メニューはこの『バラホル』。

豚バラに、絶妙に濃い甘辛だれを絡めたもの。名前がややこしいですが、ホルモンではなく豚バラです。

この名物をお目当てに、ランチの時間はたくさんの人で賑わいます。

やっぱりいつ食べてもおいしい!!写真は普通サイズですが、ダブルもあります。

からしが添えられているので、後半はつけながら食べると違った味が楽しめます。

そして、せっかくなので、カレーヤのカレー。

カレーヤ2

見た目に違わず昔ながらのおいしいカレー。けっこう辛めです。

バラホルは480円。カレーは500円。安いです。

カレーも捨てがたくて、バラホルとカレーを注文しましたが、バラホルにはやっぱり白ご飯が合うな、と再確認。甘辛いタレの濃さを、白ご飯で受け止めながら食べるのが、最高においしい食べ方だと思いました。

和歌山のソウルフードの1つである『バラホル』。

機会がありましたらぜひご賞味下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

 

ことわざのこと。

緑がさわやかに萌える5月になりました。

お天気の移り変わりが激しく、朝は肌寒くても日中は暑いくらいの陽気になったりします。

急な気温差に、体調をくずされませんように。

 

さて、世界にはたくさんのことわざがあります。そのことわざは、どんなシチュエーションで誕生したのでしょう?

『急がば回れ』(いそがばまわれ)

●急ぐときには、危険な近道より、遠くても安全な道を通るほうが結局早い。安全で着実な方法をとれといういましめの言葉です。

■これは、実は琵琶湖のことなのです。東海道五十三次の草津から大津に向かうとき、船で琵琶湖を横断するほうが、瀬田の唐橋を経由する陸路よりも近かったそうです。

しかし、船旅は困難なもので、この地特有の比叡おろし(比叡山から吹き降ろす突風)により、船は転覆したり進まなかったりととても危険でした。

結局、地道に陸路を行くほうが、早かったそう。

ここから生まれたのが、『急がば回れ』。

e0044657_2314569

 

『覆水盆に返らず』(ふくすいぼんにかえらず)

●一度器からこぼしてしまった水は、もとの器に二度と戻らないように、一度してしまったことは、元の状態には戻せない、という意味です。

■中国の周の時代、呂尚という人が、一日中、読書だけして働こうとせず、貧乏生活が続いたため、妻は愛想を尽かして実家に帰ってしまいました。

ところがその後、呂尚は王に見出され、大出世して「太公望」と呼ばれるようになります。

それを知った元妻は復縁を迫りましたが、そのときに太公望は盆の水をこぼして、「これを元の器に入れることができたら、復縁しよう」と言ったことが、このことわざのはじまりです。

『弘法も筆のあやまり』(こうぼうもふでのあやまり)

●どんな名人上手でも、ときには失敗するという意味です。

■弘法大師はその当時、嵯峨天皇(さがてんのう)・橘 逸勢(たちばなのはやなり)とともに”三筆”といわれるほどの筆の名人でした。

あるとき、弘法大師は勅命によって平安神宮の「応天門」に設置する額に、文字を書くことになりました。

「応天門」と書き上げ設置したのはよかったのですが、よく見ると、「応」の字の点が1つ足りません。

驚いた弘法大師は、すぐに筆を投げて点を打ち、その場の人びとの喝采を受けたのですが、その後、あんな偉い人にも失敗があるものだと、都のうわさになったということです。

これは「今昔物語」に出てくる逸話です。

応天門

 

『漁夫の利』(ぎょふのり)

●二者が争っている隙に、なんの努力もなしに、第三者が利益を横取りし、得をすることをいいます。

■中国の戦国時代の史書「戦国策(燕策)」の故事に由来しています。

中国の趙(ちょう)が燕(えん)の国に戦争をしかけ始めたとき、燕の蘇代(そだい)が趙の恵文王(けいぶんおう)に次のような話をしました。

「今日、川でハマグリとシギがケンカをしていました。シギはハマグリの肉を食べようとしましたが、ハマグリはシギのくちばしを貝がらで挟んで応戦しています。

このように両者が譲らない争いをしているときに、そこにたまたま通りかかった漁夫が、シギとハマグリをつかまえて思わぬ得をしました。

いま、燕と趙が戦争になったら、漁夫は秦(しん)という国になります」

このたとえ話を聞いた趙の恵文王は、燕を攻めることを思いとどまりました。

『逆鱗に触れる』(げきりんにふれる)

●「上司の逆鱗に触れてしまい、2時間説教を受けた」などと使われますが、ご機嫌を損じたり、叱られることを意味します。

■中国には、古くから竜にまつわる諺や言葉がたくさんありますが、この逆鱗もそのひとつで、「逆鱗」とは、竜のあごの下にある一枚の逆さまに生えた鱗(うろこ)のことです。

この鱗に触れると普段はおとなしい竜が怒り、必ず殺されるという伝説から、君主の怒りを買うことを「逆鱗に触れる」と言うようになったようです。

出典は「韓非子」の中の説難篇(ぜいなんへん)にあります。

それによると、「竜はおとなしい動物で、人も平気で乗ることができる。しかし、そののどの下には、直径1尺ほどの逆さに生えた鱗、つまり逆鱗が一枚だけある。もし人がそれに触れたりするとそのときは怒って人を殺してしまう」とあります。

このことから転じて、上司や先生など目上の人に逆らったり、社長のご機嫌を損じると、激しい怒りを買うということで、「逆鱗に触れる」が用いられるようになりました。

e0128026_23391512

 

どうでしょうか?調べてみれば奥が深いことわざの世界。

言葉の奥にある物語は、歴史を感じさせてくれておもしろいですね。

 

マンホールの秘密。

4月も半ばを過ぎ、どこかへ出かけたくなるような陽気です。

例えばどこかへドライブして食べ歩きをしたり、温泉にゆっくり入ってのんびりしたり、日常を忘れてリフレッシュすることで、ストレスを解消するのも良いですよね。

どこかの町へ旅に出かけたら、マンホールに注目してみるとおもしろいかも知れません。

地下に埋められている設備を点検・管理するために人が出入りする穴、それがマンホールです。

 

■マンホールはなぜ丸いの?

四角だと、開けた蓋が中へ落下し、作業している人を直撃する恐れがあります。もともとマンホールの穴は蓋よりも少し小さくしてあるので、丸い形なら穴へ落ちることを防げるのです。

■マンホールの蓋の秘密

マンホールは、ほとんどの場合、公道にあります。道路は歩行者だけでなく車やバイクなども通るため、マンホールの蓋は橋とほぼ同じ基準でつくられていて、とても頑丈です。

日本のマンホールの蓋は普段は外から開けられないようになっていて、専用の工具を使用しないと中に入れない仕組みです。そのため、防犯面も安心です。大雨や洪水などで冠水が起き、蓋に下から圧力がかかった場合でも、蓋に錠と蝶番が付いているため、蓋が圧力に負けて飛ぶこともありません。

また、蓋はサビにくい鉄製で、歩行者や車が滑らないように模様がつけられたデザインになっています。

■マンホールの蓋のデザインの楽しみ方

マンホールの蓋にはユニークな歴史や、いろいろなデザインがあります。
映画『ローマの休日』でおなじみ、イタリア・ローマにある大人気の観光スポット「真実の口」は、もともと2000年ほど前に使用されていた下水溝のマンホールの蓋でした。

現在の日本では、ご当地のゆるキャラや観光スポット、名産品、人気アニメのキャラクターなどの模様を描いた「デザインマンホール」を各地で見ることができます。

広島県にはプロ野球「広島カープ」のキャラクター「カープ坊や」が描かれたマンホールがあります。

c_maminitaol_03

漫画家やなせたかしさんが育った高知県に『アンパンマン』の模様が描かれたマンホールがあり、地元の人たちに親しまれています。

img_0

こちらは岩手県。小袖海岸で活躍する「北限の海女」のマンホールです。勇ましい立ち姿の海女さんがステキですね。

iwate

東京都には、小林一茶の『痩せ蛙 まけるな一茶 是にあり』の句と、かわいい蛙のマンホールが。

tokyo

地元和歌山はというと、名産「紀州てまり」がデザインされたマンホールがありました。

わかやm

おもしろいものやきれいなものなど、デザイン的に見ごたえがあるだけでなく、その土地のこともわかって楽しいですよね。

また、「骨董蓋」と呼ばれる、昔ながらの姿を今に残すマンホールの蓋があります。

広島県には、戦前につくられたマンホールが、現在まで壊れずにその姿を残しています。東京都にも、戦前につくられ、すでに消滅した自治体の名前や紋章が描かれた蓋があり、今も見ることができます。

これまで気に留めていなかった人も、何気なく下を見てみると、珍しいデザインや、ノスタルジックなマンホールの蓋に出あえるかもしれません。

特にデザイン性のない、スタンダードなマンホールの模様でも、その特長や記号で、地域をある程度特定することができるそうです。災害時などに覚えておくと良いかも知れませんね。(SNSなどにアップする際は気をつけたほうが良い場合もあります)

マンホールも奥が深いですね。

みなさんもお気に入りのマンホールを見つけてみて下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

広島風お好み焼きと福山城。

寒暖差の激しいこの頃ですが、卒業・入学のうれしい話を聞いたり、桜の開花情報を耳にすると、いよいよ春の訪れを実感してきますね。

春ははじまりの季節。みなさんは、どんなスタートを切りますか?

 

先日、広島県福山市に日帰りで行ってきました。

広島県!ということで、「広島風お好み焼き」を食べました(*´∀`*)

広島焼き2

もちろん!間違いなくおいしかった!!

お餅とチーズが入っています(*´∀`*)

「広島風お好み焼き」のルーツは、「一銭洋食」(水で溶いた小麦粉に千切りキャベツや刻みねぎを載せて焼き、二つ折りにしてウスターソースを塗ったもの。大正時代、関西の駄菓子屋で売られた)からはじまります。

昭和20年代後半の広島では、戦後の復興が進みつつも、食料や物資が不足していました。

広島の人びとは、米軍から配給されたメリケン粉(小麦粉)で「一銭洋食」を作ったそうです。そこから、「お好み焼き」と名称を変え、その名の由来の通り、「好きなものを入れる」ということで、中華麺を入れ、ボリュームアップしてお腹を満たす、広島独特のお好み焼きが誕生しました。

昭和30年頃には、「西新天地公共広場」を中心に50件ほどのお好み焼きの屋台が軒を連ねました。その後お好み村、広島駅ビルなどに場所を替え、長きに渡り広島の食文化の成長を担ってきた「広島風お好み焼き」。

現在、広島県内には約2000店舗のお好み焼き屋さんが存在し、今なお日々、多くの人びとの胃袋を満たしています。

ところで、広島のお好み焼き屋の屋号には、「○○ちゃん」、という名前のものが多いのですが、これは、戦争で夫や父を亡くした女性が、女手一つでお店を開き、自分の名前を屋号にするケースが多々あったからとも言われています。

広島の食文化の発展は、戦後復興の歴史でもあると思うと、当時の人々の苦労や逞しさに、敬意の念を抱かずにはいられませんね。

 

福山市の史跡、福山城は、遠くからしか見られませんでした(; ・`д・´)

福山城

(どれがお城かわかりますか?笑)

福山城は、日本で最も駅に近いお城、と言われています。

すぐ隣に福山駅です(笑)

徳川譜代の大名水野勝成が、備後南部十万石の領主として1619年、この地に入り、当時、水戸や和歌山の徳川御三家でさえ認められなかった五層の天守を造営。西国大名への押さえとしました。十万石の城主の居城としては考えられないほど大規模な城でした。天守の北面には鉄板を張るなど強固に防衛を固めた城でしたが太平洋戦争で焼失。昭和41年に外観復元され現在は博物館として利用されています。

福山城2

低い丘陵を利用した平山城で、東・南・西に二重の堀をめぐらし、北には吉津川を通し、小丸山・天神山を天然の防塁としました。

ほぼ平地に建てられていて、福山駅の北口を出ると、目の前にそびえています。

新幹線の車窓からも日本的な風景をみせてくれる福山城。

次はぜひ、天守閣から福山の街を眺めてみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平昌オリンピック

今季もたくさんの感動を生んだ冬季オリンピック。

日本の選手も大活躍で、冬季史上最多となる、13個(金4・銀5・銅4)のメダルを持ち帰ってくれました。

その13個のメダルの中で、8個が女子選手が獲得したメダルです(金メダルは3個)。

今季は、女子選手の活躍が素晴らしかったですよね。

どんな局面にも笑顔を忘れず、おやつタイムも注目されたカーリング、『LS北見』の選手たち。

姉妹で光と影を味わいながら、切磋琢磨してきたスピードスケートの髙木菜那・美帆姉妹は、パシュートで力を合わせて金メダルを勝ち取りました。

そんな中、私が感動したのは、スピードスケートの小平奈緒選手です。

こだいら2

彼女はインタビュー時の独特の表現から、「氷上の詩人」とも称されています。

■新しく取り入れたブレードの感触

「ブレードとの友情が深まってきた。初対面から気が合った。自分の思いに応えてくれる。最初に履いたとき、これで少し遊びたいな、と思った」

■レースでの集中力の高め方

「絵みたいな感じ。しっかり輪郭を描いた絵に少し水をたらすような。後からぼかすというか…」

■好調期の気持ち

「ブランコに乗っている感覚。1回こぎ始めたらずっとこぎたくなる。」

■レース前の気持ちの保ち方

「透明の筒です。周りが見えない筒ではなく、周りは見えているけど、透明の筒で見て、自分のやるべきことだけに集中する」

■好記録を出した直後の滑りの感覚

「スケートが自分の足になってくる。さらに言えば、氷が自分の足になってくるような感じです」

 

氷上で最速を極めた小平選手ならではの、研ぎ澄まされた感覚が言葉から伝わります。

 

平昌オリンピックでは、最初に女子1500mに出場し、6位入賞を果たしました。

次の種目は女子1000m、不利と言われるアウトスタートながら、個人種目では初の銀メダルを獲得。

さらに、「絶対本命」と報道され続けた女子500mにおいて、オリンピック新記録となる36秒94を出し、金メダルを獲得しました。

小平選手は、スピードスケートの女子で初、日本選手団主将として冬季大会初めての金メダリストになりました。

競技後、3連覇を阻まれ、涙する銀メダルの李相花選手を抱擁しながら、ウィニングランをするシーンは、世界中の人の涙を誘いましたよね。・゚・(ノД`)・゚・。

こだいら

このとき、小平選手が「今もリスペクトしているよ」と元女王をたたえると、李相花選手も「あなたを誇りに思う」と返し、肩を抱き合ったそうです。

実はこの二人はライバルであり親友で、とても深い絆があります。

競技終了後のインタビューで二人は、お互いの家にそれぞれ招き合って、互いの食事を振る舞ったこと、2015年のソウルで開催されたワールドカップで初優勝をした直後の小平選手は、オランダにすぐに戻らなければいけませんでしたが(小平選手は練習拠点をオランダに置いています)、負けて悔しいはずの李選手がリンクから空港までのタクシーを呼び自腹を切ってくれたこと、さらには、アスタナで小平選手がバスを待っている間に二人で写真を撮った時に、小平選手が「次の五輪はあなたが勝って、私が2位ね」と言うと、李選手も「それならあなたが勝って、私が2位でいい」と言い合ったことを、話しています。

こだいら3

「尊敬し合えるライバルがいたからこそ、記録を伸ばすことができた」と、李相花選手は語ります。

本当に素敵な関係ですよね。

 

冬季競技の中には、4年に一度のスポーツと言われ、オリンピックシーズンにしか注目を集めないという課題を持つ競技もあるそうです。

帰国会見でも、多くの選手が、「たくさんの人に観てもらいたい、競技人口を増やしたい」と、口にしていました。

この逆境があるからこそ、真摯に競技に向き合い、折れない強い心の鍛錬ともなって、人間的にも魅力的な選手をたくさん生むのかも知れません。

今回の平昌オリンピックに影響を受けて、スケートやスキー、スノーボードを始める女の子もいるのではないでしょうか?

冬季競技でオリンピックを目指す子供たちがどんどん増えるといいですね。

2020年、東京オリンピックもますます楽しみです(*´∀`*)

 

 

ぞうきんがけ。

今週はとても冷え込みますね。昨日から雪が降ったりやんだりしています。

インフルエンザも大流行しています。外出時にはマスクを着用する、帰宅後は必ずうがい・手洗いをする、など、体調管理にはくれぐれも気をつけて下さいね。

さて、先日、いつもよさこいの練習でお借りしている今福小学校の体育館を、「今年もお世話になります」という気持ちを込めて、みんなで大掃除しました。

広い床をみんなで一列になって一斉にぞうきんがけ!

雑巾

体重をかけて水拭きすると、とてもキレイになりましたよ(*´∀`*)

力を入れてぞうきんがけをする事で、床に埃が付着しにくくなる効果もあるそう。

3往復ほどしただけですが、次の日は激しい筋肉痛。・゚・(ノД`)・゚・。

ぞうきんがけは、普通のウエイトトレーニングでは難しい複雑な筋肉の使い方をするので、体幹の筋肉がバランスよく鍛えられます。

体幹筋は、姿勢を保つために働いている、大事な筋肉です。

ぞうきんがけでは、足首、股関節、腹筋背筋、肩甲骨まわりの複雑な動きを自然に行うので、ウエイトトレーニングでは動かすことのできない体幹の筋肉が鍛えられます。

昔は剣道や弓道など道と名のつくものは、道場を清めるためのぞうきんがけが当たり前でした。スムーズにぞうきんがけができるようになった頃には、重心の移動、左右のバランス感覚も自然に身についているのです。

ぞうきんがけは、場を清めるためだけではなく、武道の技の向上にも役立っていたのですね。

また、自分が使う場所、床を、直接自分の手で触れて清める、という行為そのものが「心を鍛える・心を浄化させる」という、内面の鍛錬にもなっています。

みんなでぞうきんがけ、きつかったですが、ピカピカの床に、とても清清しい気持ちになりました( ´∀`)

心も体も鍛えられるぞうきんがけ。チャレンジしてみてはいかがでしょうか(´ー`)?

 

 

 

 

 

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。

良いお正月を迎えられたでしょうか?

2018.2

弊社は昨日、2018年の仕事初めを迎えました。

本年は、人材派遣にとって大きな問題である、「2018年問題」にいよいよ直面します。

2015年の改正派遣法で、派遣社員の派遣期間の制限が見直され、『派遣社員は個人単体で、同一の組織単位で働けるのが3年まで』となり、その最初の期限が2018年9月末となります。

(組織単位を変えれば、同一の事業所に、引き続き同一の派遣労働者を(3年を限度として)派遣することができます。)

私たち派遣会社が今、やるべき事は、有期雇用から無期雇用への転換や、他の派遣就業先への紹介など、個人の状況に応じた対応ができるように、現状を把握し、対策を検討し、準備を進めることだと考えています。

人にはそれぞれのライフスタイルがあります。一人ひとりの状況に最適な提案をし、喜んでいただけるように、心を込めてがんばります。

また、派遣先企業さま、スタッフのみなさまに、安心していただける環境づくりに、今年も全力で取り組んでまいります。

2018年も、ヒカリネッツを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年1月5日 社員一同

2018.1

 

 

ごあいさつ。

ヒカリネッツはおかげさまで本日、2017年の仕事納めとなりました。

本年も弊社に多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございました。

11年目を歩き出した2017年。

これまで縁あってヒカリネッツに携わっていただいている、たくさんの人との繋がりに助けられ、少しずつですが、また成長できた1年になったのではないかと実感しています。

御縁に感謝いたします。

2018年は、ますます実りある年になるよう、精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

よいお年をお迎え下さい。

2017年12月29日 ヒカリネッツ社員一同

 

 

年末の時期

仕事やイベントに忙しい年末の時期、家中の掃除を効率よく終わらせるコツです。 何から始めたら…?という方に・・・

 

順番のポイント

・不用品の処分は必ず一番最初に
・食べ物カスや油汚れ、水が飛び散るキッチン・水回りから始める
・高い位置にあるものからホコリを取り、拭き掃除
・玄関より遠い場所から順番に

大まかな順番

1…不用品の処分
2…キッチン
3…トイレ・浴室・洗面所
4…各部屋(玄関から遠い順に)
5…床、廊下、階段
6…玄関
7…ドアノブ、手すりなど

 大掃除だからといって、家中をすべて隅々まで掃除する必要はありません。
普段の掃除では手をつけていない箇所や、ここだけはきれいにしたいという箇所をまとめて掃除する、それが大掃除と考えましょう。
大きい家具や家電を動かしてホコリを取る、カーテンを洗う、窓のサッシのゴミを掻き出すなど、定期的にはできないからこそ、この機会に少しだけ時間をとってきれいにしてみましょう!

まず「どこを掃除したいか」を決めることで必要な掃除用具も揃えやすくなり、掃除の途中で買い物に行く手間も省けます。
目についたところから始めて中途半端に終わってしまうより、決めた場所を一つずつきれいにしていく方が達成感もありおすすめです。
スッキリした気持ちで新年を迎えられるよう、理想のきれいな家を思い浮かべながらリストアップしてみてください。

1 / 2712345...1020...最後 »