お仕事コラム一覧

お祭りの作り方。

長雨に悩まされた先週から一変、今日は秋晴れのさわやかな一日です。

朝晩はかなり寒くなってきました。早めの防寒対策で、体調を崩さないように備えてくださいね。

 

さて、先週の土曜日に、私が所属するよさこいチームが作ったお祭りが開催されました!

20のよさこいチームが、それぞれにステキな演舞を披露してくれました(*´∀`*)

今回は一般に告知せず、踊り子さんには、他のチームをゆっくり観て応援しながら楽しんでもらう、というちょっと変わった趣旨で行われました。

通常よさこいのお祭りでは、演舞順が決まっており、踊るまでに長い時間、待機場所で待つことが多いのです。

このため、他のチームの演舞を観る時間があまりない場合があります。

今回は、踊り子は踊り子である前に観客、というスタイル。

自分のチームの曲が鳴ったら、ダイレクトに観客エリアからステージに上がって演舞してもらう、という内容です。

yurase2

私はお祭り作りなど、今まで縁もゆかりもなかったのですが、今回実行副委員長という立場になり、約8ヶ月をかけて、当日までの準備をしました。

それは、想像していたよりも、何倍も大変な作業でした。

金銭面、安全面、危険予知、設営、運搬、スケジュール、人員、など、考えておかなければならない事はたくさん(゚д゚)!

そんな中、最も大切だと思った事。それは、『チーム力』です。想いが共有できている。大きな温度差がない。役に立ちたいと考えてくれている。というような、一人ひとりの気持ちの部分がとても重要で、これは何ものにも変えられないチームの財産だと気づかされました。

一人ひとりは微力でも、全員の微力を結集すれば、果てしない力になることに、とても感動しました。・゚・(ノД`)・゚・。

yurase1

ステージに設置する看板作り。勢いで、躊躇なく書きました(笑)

お祭りの当日を迎えるまでのプロセスはとても長い道のりです。しかも地道な下準備は、ほとんどが表に出ることではありません。

yurase3

でも、当日、参加していただいたたくさんの人の笑顔。楽しそうに踊ってくれている姿を見て、やってきて本当に良かった、と心から思いました。

yurase5

お餅投げも初体験♪

みんながお餅欲しさに呼びかけてくれるのが気持ち良かった(笑)

大変だった事も、全部お餅と一緒に飛んで行きましたヽ( ´ー`)ノ 笑

貴重な経験をさせていただき、感謝しています。

ハロウィンとは

今日10/31は、近年やたらと日本でも盛り上がってきたハロウィンです。

街中にも怖いメイクをした若者たちを見かけるようになりましたね。

ハロウィンとは、そもそもどんなお祭りなのでしょうか?

ハロウィンは、毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とするお祭りです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事です。

古代のケルトでは、1年間は11月1日~10月31日までで、新年の1日目である11月1日に、悪い精霊や神が現れると信じられていました。また、大みそかの10月31日には、死んだ人の魂が家族の元へ帰り、さらに悪霊や魔女が町をさ迷うとも言われ、死者の霊や悪霊たちが家に入らないよう、かがり火を焚き(カボチャのランタンのはじまり)、身を守るために仮面を被ったそうです。

その後は宗教的な意味合いよりも、民衆の楽しいお祭りとしての要素が強くなり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりするようになったそうです。

さて、私も、ハロウィンなどとはまったく縁がなかったのですが、その盛り上がりを体感するべく、ハロウィンシーズン中のユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました。

IMG_4850

オープンしたばかりのミニオンタウン。

ミニオンの仮装をした人も、パーク内でたくさん見かけました(*´∀`*)

IMG_4849

カワ(・∀・)イイ!!

IMG_4876

ロールケーキもミニオン!!

あいにくの雨模様でしたが、そのおかげで待ち時間なくいろいろなアトラクションを楽しむ事ができました♪

(こわーいお化け屋敷にも入りました(゚д゚)!)

子供が大きくなって、足が遠のいていたテーマパークですが、細部までこだわった世界観作りは、どんな年代の人にも、楽しさを存分に感じさせてくれます。

ハリーポッターの世界は、映画に迷い込んだようでした♪

18時からはホラーナイトと言って、ストリートゾンビが放たれるのですが、雨脚が強くなったので、体感せずに帰路に。

残念なような、ホッとしたような(笑)

それは、また来年の楽しみに取っておこうと思います。

11/10からクリスマスシーズンを迎えるユニバ。

今年のクリスマスツリーも、きっと綺麗でしょうね(*´∀`*)

 

 

『富士の湧水』

『富士の湧水』サーバー2台納品に行ってきました!

 

宅配されるお水は全て「天然水」だと思っていませんか。
実は、お水にはいくつか種類があります。日本で販売されているお水は、主に大きく分けて天然水(ナチュラルミネラルウォーター)とRO水(ボトルドウォーター)の二つにわかれます。
天然水は主に自然中の地下水や湧き水を採水した、天然の恵みいっぱいのお水です。
「RO水」とは、主に水道水を使用し、RO膜(=逆浸透膜)というフィルターによってろ過されたお水で、後から人工的にミネラル成分が添加されているものが多いようです。
RO水は人工的に作られているので比較的安価なものが多く、天然水は原水本来のおいしさをできるだけそのまま残そうとしているのがポイントです。
もちろん『富士の湧水』は、バナジウムたっぶり自然の恵みいっぱいの天然水です。

 

『富士の湧水』の産地は、山梨県富士吉田市の富士山北麓・海抜約950mの静かな木立の残る富士山箱根伊豆国立公園内にあります。
地下200m以上の深井戸からくみ上げている天然水だから、おいしくお飲みいただけます。

 

宅配水では、リターナブルボトルが多く採用されています。
ゴミが出ず環境にも優しいという触れ込みでしたが、実は12?のお水を1本ボトリングするのに、約40?もの膨大な量の貴重な水資源を、使い捨てなければなりませんでした。
『富士の湧水』は使いきり容器=D‐パックを採用することで、毎回、新品の衛生的な容器に、最高峰の天然水をボトリングし、お客様へお届けしています。
また、D-パックはつぶして捨てられるので、リターナブルボトルのように空容器の置き場所に困ることもありません。

 

ウォーターサーバーは定期的なクリーニングが必要不可欠です。
「富士の湧水」専用ウォーターサーバーはサーバー内を衛生的に保つため高温循環機能がついていますので、安心してご利用いただけます。

 

ご興味のある企業様はお問合せ下さい♪

おばあちゃんの知恵袋。

先日は敬老の日でしたね。
私は小さい頃、祖父、祖母と一緒に暮らしていました。
物があふれる便利な世の中でない上に、戦争を経験している世代でしたので、物をとても大事にしていました。
一緒に生活する中で、たくさん大切な事を教わったような気がします。
昔の人のエコなアイデアを、「おばあちゃんの知恵袋」と言いますね。
これには、物を粗末にしないという思いだけでなく、物に対する感謝の気持ちもつまっているように感じます。

少しご紹介します。

 

□ローソクの再利用法

 

神仏やケーキで使用した残りのローソクを鍋などで湯煎して、空き缶に紐を入れ溶かした蝋を流し込みます。
非常時などに使用しても倒れたりしないので安全です。使い残したローソクも手軽に再利用することができるんですね。
非常時だけなく、秋の夜長をお月さまと、エコな明かりで過ごしてみるのも素敵です。

 

□服の毛玉を取る方法

 

服の毛玉を取る時は、食器を洗うスポンジを使います。
たわしの面を下にし、同じ方向に向かってやさしくこするとみるみる毛玉が取れますよ。
着古したようにみえて…とつい着なくなってしまうセーターも、これで長く着られますね。

 

□ほうれん草のゆで汁が、便利!!

 

カーペットなどにコーヒーがついてしまった時は、ほうれん草のゆで汁がシミ抜きに。
ほうれん草のアクであるシュウ酸は、クリーニング店のシミ抜き剤にも含まれている成分なんです。
洋服についた醤油などの水性のシミも冷ましたゆで汁につけ、乾いた布で挟んでたたくときれいになります。
まな板の黒ずみや黄ばみも落とすことができるんですよ。
ゆで汁に雑巾を浸して床を磨けば、ワックスのようにぴかぴかになります。

 

□アイロンがけの時短方法

 

アイロン台の上にアルミホイルを敷くと熱効率がよくなってアイロンの使用時間が減ります。
ホイルはそのまま破れるまで使用します。
アルミホイルに熱が反射するので、 低温でも裏表の両面からしっかり熱が伝わって 手早くアイロンがけができるんですよ。
ホイルが熱くなっているので、やけどにはご注意くださいね。

 

□おせんべいが湿気らない工夫や、湿気た場合の対処法

 

おせんべいは、湿気の少ない冷凍庫で保存するのがおすすめ。
少しの湿気なら袋をあけたままで冷蔵庫や冷凍庫に置いておくと元に戻ります。
完全に湿気てしまった場合にも少し工夫すれば、おいしくいただくことができますよ。
*レンジで加熱*
ラップをしないで片面ずつ数十秒加熱すると水分が飛んでパリッと元通りになります。
焦がさないように様子をみながら行いましょう。
アツアツになるので、やけどには注意してくださいね。

*揚げ物の衣*
細かく砕くと、パン粉の代わりに活用できます。
サクサクの衣になりますよ。

*炊き込みおこわ*
もち米使用のおせんべいやおかきをお米と一緒に炊き込むと、もちもちの炊き込みおこわのような味を楽しむことができます。

keirou_katamomi_obaachan2

いかかでしたか?

おばあちゃんのひと工夫、試してみて下さい(*´∀`*)

 

兄弟はいますか?

9月になり、暑かった夏も終わりに近づいていることを感じます。

いろいろな食べ物のおいしい実りの秋。旬の味わいを楽しむことで、季節を感じることができるのも幸せな事ですよね(*´∀`*)

さて、去る9月6日は、「妹の日」だったそうです。

現代に活躍する女性の多くが「妹」であることを発見した『兄弟型姉妹型研究』の第一人者である、漫画家の畑田国男さんが、平成3年に『妹の可憐さを象徴する乙女座(8/23~9/23)の中間の日の前日』に制定されたそうです。

『兄弟型姉妹型研究』とは、兄弟構成によって、境遇が違い、性格の形成のされ方が異なる、という研究です。

少しご紹介します。

■長子(1番初めに生まれた子) 「聞き上手」

・初めての子供で周囲の愛情を独り占めできるかと思いきや、下の子の誕生によって世界は一変

・親に甘えることを我慢し、聞き分けの良い、責任感が強い子供になる

・自己主張が控えめになってしまう傾向もあり

・話すことが好きな人と、良い交友関係が築ける

相性GOOD!→長子(苦労を分かち合える)・末っ子(面倒見が良いため)

■中間子(上下に兄弟姉妹がいる真ん中の子) 「空気を読みやすい」

・甘える事も甘えさせる事も経験してきた人が多い

・曖昧なポジションから、自分の存在を確立させるために強い自己主張を発揮

・目立ちたがりの甘えん坊か独自の世界観を持つ個性的な子供になる

・家族の中では、対象によって接し方や話し方、立場が最も変わる存在のため、最も協調性に富んでいる

・コミュニケーション能力が高く、どんな人とも仲良くなれるかも

相性GOOD!→中間子(仲間意識を感じる)・一人っ子(お互いの境遇に憧れ、尊重しあえる)

■末っ子 「自己表現が上手」

・家族全員の愛を一身に受けて育つ

・困った事があればすぐに人に頼る傾向あり

・上の兄弟に苛められたりする事もあり、負けん気やチャレンジ精神が培われ、要領よく物事をこなしていく

・兄弟喧嘩をすると、下の子は手加減を知らないので思い切り暴れることができ、上の子は無意識に手加減をしてしまうため、下の子が勝つ傾向があるそう

相性GOOD!→末っ子(似たもの同士)・長子(甘えさせてくれる)

■一人っ子 「個性的」

・生まれた時から寵愛を受けて甘やかされているかと思いきや、厳しく躾ける親も多い

・気ままで無関心でマイペース

・人との距離の取り方や気配りが苦手で、家庭内でそれを学ぶことができないので友人関係で培う事が必要

・芸術面で頭角を現す人が多い

・一見、わがままで協調性がないと思われがちだが、妬む事も妬まれる事もなく育っているので、穏やかな性格

相性GOOD!→中間子(お互いの境遇に憧れ、尊重しあえる)

 

いかがでしょうか?私自身、思い当たるところもあります(笑)

ただ、これはあくまでも傾向です。

同じ家庭環境だとはいっても、上に兄が居るか姉が居るか、下に弟が居るか妹が居るかでも、細かく性格は変わってきます。

また、育った環境によれば、末っ子だからといって甘えん坊でなく、兄や姉を支えるようなたくましい子に育つこともあります。

『末っ子だからわがままなんだね』とか、『長子だからしっかり者じゃなきゃいけない』という事はありません。長所も欠点も当然ながら誰にでもあります。

人と環境は切っても切れない縁です。人の価値観や思考などは育ってきた環境の中で形成され、兄弟構成も『環境要因』の1つです。影響を与えるというだけで、人間そのものを形成するというわけではないのです。

 

ただ、話のきっかけとして、目の前の人に対し、「どんな人なんだろう?」と興味を持ったとき、兄弟構成を聞いてみると面白いかも知れませんね(*´∀`*)

伝え方。

8月もまもなく終わろうとしていますが、まだまだ暑い暑い毎日です。

夏の疲れを残さないように、適度な運動や、ゆっくりお風呂につかって体の疲れを取るように心がけるなど、健康管理に注意して、楽しい秋を迎えたいですね。

 

ところで、いきなりですが問題です(笑)

とあるお店が、大量に仕入れてしまったとてもまずいジュース。

店長は、安いことだけに飛びついてろくに試飲もしなかったことをひどく後悔しました。

まずいジュースは当然、売れるはずもありません。

その時店長が思いついた『奇策』が功を奏し、大量に在庫を抱えていたまずいジュースは飛ぶように売れました。

さて、その『奇策』とは?

 

答えは、【罰ゲームにどうぞ。】と書いた貼り紙をつけて店頭に並べたのだそう。

罰ゲームに使えるほどまずいジュース、、、思わず買ってみたくなりますよね(笑)

 

伝え方一つでイメージが激変し、マイナスに取られかねない事でも、ポジティブな印象を与えることができます。

例えば…

■駅のエスカレーターの混雑を回避する目的で、階段を利用してもらうための工夫

→ 階段の1段1段に消費カロリーを表示した

■「トイレはきれいに使ってください」

「いつもトイレをきれいに使っていただきありがとうございます」

■「徐行してください」

→「この辺美人多し、徐行しましょう!」

■「営業中」

→「今日は仕込みがとても上手にできたので、営業中」

どれも「お願いされる側が関心を持てる内容」ですよね。

看板や貼り紙に限らず、当然会話においても、伝え方1つで相手の返答は大きく変わってきます。

2014年のワールドカップの時に話題となった「DJポリス」も、その伝え方が絶妙でした。

サッカーの大きな国際試合終了後の渋谷スクランブル交差点と言えば、もはや恒例行事とも言えるお祭騒ぎ状態。一歩間違えれば暴徒化してしまう可能性のあるサポーターたち。

そんな凄まじい数の暴徒化寸前の群集に対しDJポリスの発した言葉とは?

「信号赤だぞ!早く歩道に戻りなさい!」
「そこは立ち入り規制!速やかに立ち退きなさい!」

と、交通規制にあたる警官にありがちな高圧的な物言いでもなく…

「申し訳ありませんが、車道に出るのはやめて頂けないでしょうか。」

と、下手に出るわけでも決してなく…

DJポリスは、こんな言葉を選びました。

「日本代表のユニホームを着ている皆さんは、12番目の選手です。」
「そういう行動はイエローカードです。」
「怖い顔をしたお巡りさんも心の中ではW杯出場を喜んでいます。」

サポーターと同じ高さの目線で話すことで、共感や一体感といった感情を見事に誘っています

位置的には高い場所に立ってスピーチしていますが、あくまでサポーター目線。警察官である前に、1人の日本人として、W杯出場を喜ぶ1サッカーファンとして。

難しい言葉や単語は一切使っていませんが、そこには「伝え方」の技術が盛り込まれていました。

 

 

相手に何かをお願いする時、単に自分の主張を述べるだけでなく、相手の意に沿ったお願いの仕方を考えることで、快諾してもらえる可能性が格段に上がったりするわけですね。

いわゆる気の利いた一言を言えるか言えないかの違いで、結果は雲泥の差です。

「伝え方」、意識してみると良いかも知れませんね(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

製造 \女性の方もたくさん活躍中/

和歌山市坂田

製造  ニット編機の組立、加工、軽作業

たくさんの女性の方が活躍しています

\\初心者大歓迎//

詳しくは、求人情報をご覧ください!

紀州よさこい。

昨日は台風の影響で暴風雨となり、各地で激しい雨が降りましたが、みなさんの身の回りに影響はなかったでしょうか?

台風一過の和歌山市、今日はまた、ジリジリと暑い日ざしが照りつけています。

先週末、紀州よさこい祭り「おどるんや」の、2日め、3日めが開催されました。(1日めは7/30、マリーナシティで行われました)

和歌山城下を熱気で包んだ2日間。私もがんばって踊ってきました♪

よさこいの発祥は高知県にあります。

遠く遡ること63年前の1954年(昭和29年)、第一回高知よさこい祭りが行われました。

夏枯れの商店街や、戦後の高知の町に、賑わいを取り戻すために、地元の商工会の青年達が企画したそうです。

【豆知識 1】 手に持つ音のなるしゃもじのような形をした道具、「鳴子(なるこ)」は、もともと農作物の被害を防ぐために鳥除けとして、畑にぶらさげられているものだったそうです。

 

それから長い月日を経て、今年は64回めとなる高知よさこい祭り。毎年8月9日に前夜祭、10.11日が本祭、12日が後夜祭(よさこい全国大会)となっていて、この4日間、7ヶ所の演舞場で200チーム、2万人が踊りに踊る姿は、圧巻です。

IMG_7441

この高知よさこいを観て感銘を受けた北海道の大学生が、地元北海道で始め広まったのが、「YOSAKOIソーラン」です。

高知のよさこいとはまた違う、ダイナミックなステージ演出と、体いっぱいで表現される躍動感と一体感に、観客から感嘆の声があがります。

1992年に、わずか10チームで開催された「YOSAKOIソーラン」のお祭り(毎年6月上旬に開催)。

今年は26回めを迎え、274チーム、2万7千人の踊り子が北海道の空に鳴子を響かせました。

ひらぎし

【豆知識 2】 高知よさこいは、「よさこい節」、北海道YOSAKOIソーランは、「ソーラン節」を、楽曲に取り入れるという決まりがあります。

 

紀州よさこい「おどるんや」は、今年14回めの開催となります。

その昔、高知の青年が思ったように、和歌山の町を元気にしたい!という思いを持って始まったこのお祭り。現在約60のよさこいチームが県内外から集まり、和歌山の夜を彩ります。

和歌山のよさこいは、高知よさこい系のチームと、YOSAKOIソーラン系のチームのどちらもが共存しています。

好みにもよりますが、どちらもそれぞれの味があって、見応え充分です!

【豆知識 3】 よさこいの演舞には、ステージで踊る構成と、パレードしながら踊る構成の2種類があります。ステージは、細部まで動きにこだわって、観る人を惹きつけます。パレードは、沿道で応援してくれるお客さんと目と目を合わせたり、声援を間近でもらい、楽しみながら踊ります。

おどるんや2017

(おかげさまで銀賞(3位)をいただきました♪)

紀州よさこいも、高知よさこい、YOSAKOIソーランと並ぶ歴史を作っていける事を願って、これからもたくさんの人に観てもらいたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンペーン開始

入社祝いキャンペーン開始!!2017/7/17~8/31まで

 

期間中に就業された方に3万円支給  ※規定あり

更に、面接登録された方にQUOカード500円分プレゼント!

 

求人情報をご覧になって、気になる事があればお問合せ下さい♪ 電話でも応募するからでも大丈夫です!お待ちしています♪

 

新しい求人情報も随時追加していきますので確認していってくださいね!

 

GO!

夏本番の暑い毎日です。熱中症に対する警戒もますます高まっています。

こまめな水分、塩分補給は必須ですが、バランスのよい食事、十分な睡眠時間を心がけ、疲れをためない身体づくりをすることも、大切な予防策です。

体調の異変を感じたら、すぐに涼しいところで休息をとって下さいね。

 

さて、先日、郷ひろみさんの全国ツアーの和歌山公演に誘っていただき、行ってまいりました(*´∀`*)

郷ひろみさんは、私が幼いころ、母が好きだったのを覚えています。飼っているインコに「ひろみ」と名前を付けていましたが、残念なことに逃げてしまいました(笑)

私は、特に思い入れもなかったのですが、実際のコンサートを観てみると、ひろみさんがこんなにも長く活躍し、愛される理由がわかりました。・゚・(ノД`)・゚・。

郷ひろみさんは、現在62歳、今年で芸能生活45周年を迎えます(50周年を盛大にお祝いするため、45周年は流しています笑)。

若者に決して負けない歌唱力とキレキレのダンスは、最高のパフォーマンスのために日々、努力していることが伝わります。

「2億4千万の瞳」で、ステージをどんなに走り回っても、呼吸は乱しません。

45年の活動の中には、数々の名曲があり、昔のアイドル時代の歌は、ファンのみんなを一瞬でその時代に連れ戻してくれます。「花とみつばち」では、「ゴーゴーゴーゴー!レッツゴーひろみ!」と合いの手♪とても楽しかった(´∀`)!

落ち着いた大人のバラードのせつない雰囲気も、とても感動しました。

ステージ演出にもこだわりが感じられ、ライティングや、大型モニターに歌詞や映像を映すなど、観ていて飽きることがありません。

img20170604hiromigo2

でも、私が一番感じたのは、ひろみさんが、とてもファンを大切にしているということ。

45年活動しているひろみさん。ファンの人も何十年とひろみさんを応援し続けています。

その間、ずっと変わらずひろみさんのファンであり続けるのは、ひろみさんが、その人たちの期待に応え続けているからでしょう。

応援され、期待に応え続ける、ファンとひろみさんの間に培われた信頼関係があり、45年も活動し続けられるのだと思います。

ツアーに何度も足を運んでくれるファンのために、お話される内容を毎回変えているようでした。

コンサート終盤、ひろみさんは「みんなが僕を応援し続けてくれる限り、僕は郷ひろみであり続けようと思う」と仰っていました。

そして、最後の最後まで何度も何度もあいさつをして、帰って行きました。

一つの事を長く続ける事は、決して簡単なことではありません。本当にすごい事ですよね。

努力もさることながら、人間的な魅力にあふれているステキな方でした。

郷ひろみさんが、これからも長く活躍されることを願います(*´∀`*)

hiromi

みんなでうちわを作って応援しました(*´∀`*)

 

繁忙期につき派遣の求人が増大しています。

和歌山市の河北・河西地区・紀の川市・紀北地区などエリアも広がっています!

働き方はあなた次第!お気軽にヒカリネッツにご相談下さい!

 

 

 

 

 

 

 

1 / 2612345...1020...最後 »