お仕事コラム

◆暑い時期は要注意◆

気温が上がる6月からは、食中毒が多く発生する季節といわれます。家庭での日常生活にも発生の危険性が潜んでいます。食中毒から守るために、どんなことに気を付けるべきでしょうか。

 

 

季節性が薄れたとはいえ暑い時期は要注意

 食中毒の多くは、食肉・卵・飲料水・ペットなどの動物や、化膿(かのう)した傷のある手指で調理されて細菌類で汚染された食品を食べることによって起こります。一般的に食中毒は6月から9月頃まで、梅雨時期からの暑い季節に多いと考えられてきました。ところが近年、冬の寒い時期にもノロウイルスによる食中毒が多発するようになり、一年を通して食中毒への注意を怠らないことが大切になってきました。それでもやはり、暑い季節は要注意です。

 

 

暑い季節に家庭で気を付けたいこと

なぜ暑い季節に食中毒が多発するのでしょうか。食中毒は、細菌類による汚染などで引き起こされますが、蒸し暑い季節は菌の繁殖が活発なのです。

そのため、家庭で気を付けたいのは、食品に細菌を付けない(汚染させない)・増やさない・加熱するなどして殺菌することです。

新鮮な食材を購入したら、できるだけ早く、冷蔵庫や冷凍庫に保存しましょう。生鮮食品を購入してからの寄り道は、できるだけ控えてください。

調理するときには必ずしっかり手を洗い、清潔なタオルで拭きます。まな板や包丁、布巾も清潔なものを、できれば肉・魚・野菜と分けて使うようにすると、食品の汚染を防ぐことができて、食中毒の危険性が低くなります。

この時期の食事はなるべく生ものを避けて、しっかり加熱調理して食べましょう。食べ残しを長く保存しないこと。冷蔵庫を過信してはいけません。保存したものを食べるときには、必ず加熱することも忘れずに。

食中毒は、体調の良しあしも大きく関係しています。体調の良い場合は発症しにくく、たとえ食中毒を起こしても症状が軽く、気が付かないこともあります。逆に体調が悪いと、少量の細菌でも発症し、しかも症状は重くなりがちです。暑さのために体調管理が難しい8月は、特に注意が必要です。家庭での体調管理にも注意しましょう。