お仕事コラム

お祭りの作り方。

長雨に悩まされた先週から一変、今日は秋晴れのさわやかな一日です。

朝晩はかなり寒くなってきました。早めの防寒対策で、体調を崩さないように備えてくださいね。

 

さて、先週の土曜日に、私が所属するよさこいチームが作ったお祭りが開催されました!

20のよさこいチームが、それぞれにステキな演舞を披露してくれました(*´∀`*)

今回は一般に告知せず、踊り子さんには、他のチームをゆっくり観て応援しながら楽しんでもらう、というちょっと変わった趣旨で行われました。

通常よさこいのお祭りでは、演舞順が決まっており、踊るまでに長い時間、待機場所で待つことが多いのです。

このため、他のチームの演舞を観る時間があまりない場合があります。

今回は、踊り子は踊り子である前に観客、というスタイル。

自分のチームの曲が鳴ったら、ダイレクトに観客エリアからステージに上がって演舞してもらう、という内容です。

yurase2

私はお祭り作りなど、今まで縁もゆかりもなかったのですが、今回実行副委員長という立場になり、約8ヶ月をかけて、当日までの準備をしました。

それは、想像していたよりも、何倍も大変な作業でした。

金銭面、安全面、危険予知、設営、運搬、スケジュール、人員、など、考えておかなければならない事はたくさん(゚д゚)!

そんな中、最も大切だと思った事。それは、『チーム力』です。想いが共有できている。大きな温度差がない。役に立ちたいと考えてくれている。というような、一人ひとりの気持ちの部分がとても重要で、これは何ものにも変えられないチームの財産だと気づかされました。

一人ひとりは微力でも、全員の微力を結集すれば、果てしない力になることに、とても感動しました。・゚・(ノД`)・゚・。

yurase1

ステージに設置する看板作り。勢いで、躊躇なく書きました(笑)

お祭りの当日を迎えるまでのプロセスはとても長い道のりです。しかも地道な下準備は、ほとんどが表に出ることではありません。

yurase3

でも、当日、参加していただいたたくさんの人の笑顔。楽しそうに踊ってくれている姿を見て、やってきて本当に良かった、と心から思いました。

yurase5

お餅投げも初体験♪

みんながお餅欲しさに呼びかけてくれるのが気持ち良かった(笑)

大変だった事も、全部お餅と一緒に飛んで行きましたヽ( ´ー`)ノ 笑

貴重な経験をさせていただき、感謝しています。