お仕事コラム

もはや死語?

ちょっと見つけた面白い記事をご紹介。

「さようなら」という言葉が使われなくなっている。代わりに別れる際に話される言葉は「じゃあ」 「またね」 「おつかれさま」 「バイバイ」などいろいろな言い方に変わってきた。日本語のあいさつのうち、「おはよう」「こんばんは」 「こんにちは」は昔から使われているが、「さようなら」だけが使用頻度が減っている。

なぜか…..。

大阪ミナミの街頭で人々に聞くと、「さようなら」には「永遠の別れ」のイメージがあるという言葉が返ってきた。専門家は「『さようなら』は死語になりつつある」と分析している。

大阪・ミナミの南海難波駅前。ここで、20~70代の男女30人に、「さようなら」、もしくは関西弁の「さいなら」を使うかと質問してみると、7割の21人が「使わない」 「ふだん使わない」と答えた。

20~30代の14人に限ると、8割近い11人が「使わない」「ふだん使わない」と回答、「使う」と答えたのがわずか3人だけだった。これに対して、40~70代の16人では、「使わない」とする回答は6割超の10人で、「使う」は6人。年齢層で差がみられた。

いわれてみれば使っていないなぁって思いますね。

ヒカリネッツでは、好例の短期作業がスタートしました。みなさん暑い中頑張ってくれてます。今年は人数が去年より多く集まりましたので、「去年より作業がスムーズ」「去年より楽」と言った声が聞こえてきます。
今年もサクッと決めてくれることでしょう。

(鹿室)