お仕事コラム

凄いです!

高齢者の体力が向上 【体力・運動能力調査】

スポーツ庁は2015年度「体力・運動能力調査」の結果を公表した。高齢者で体力は向上しており、65~69歳の女性、75~79歳の男女は過去最高を更新した。一方で30歳代の女性は低下傾向がみられた。

65~79歳の高齢者は18年間で体力が向上

調査は東京オリンピックが開かれた1964年度から毎年実施。1998年度から60歳代と70歳代も対象になった。今回は昨年5~10月に実施、6~79歳の男女約6万6000人分を集計した。

 

65~79歳の運動能力は握力、開眼片足立ち、6分間歩行、上体起こしなど6項目(60点満点)で測定。

 

合計点は、65~69歳男性で42.04点、75~79歳男性が35.64点、70~74歳女性が38.80点、75~79歳女性が35.19点となり、いずれも前年を上回った。種目別では開眼片足立ちや6分間歩行などの点数が伸びた。

 

65~79歳では18年間でほとんどの項目で向上しており、特に65~69歳の女性と75~79歳の男女では、1998年度に比べいずれも5点超上回り、過去最高になった。

 

一方、35~39歳女性の運動能力は低下傾向が続く。合計点(60点満点)は36.01点と1998年度より1.69点低かった。

もう後期高齢者と云うのは失礼ですね。

(鹿室)