お仕事コラム

夏のお祭り。

じめじめと蒸し暑い日が続きますね(;´Д`)
梅雨が終わると、いよいよ夏本番ですが、今年の夏は猛暑らしいので、しっかり体調管理をしておきたいものです。睡眠不足や疲れなどの不調でも、熱中症のリスクは高まりますので、休めるときはしっかり休んで、体力を回復させることも大切です。

さて、夏と言えば、和歌山では恒例の大きなお祭りがありますね♪

13

紀州よさこいの本祭である、「おどるんや」です。
7/31(日)は1日め、マリーナシティで今年の演舞を初お披露目。
8/6(土)の2日め、8/7(日)の3日めは、和歌山城を中心とした各所で、熱気に包まれながら踊ります。

そして、「おどるんや」と言えば、よさこいだけではありません!
和歌山の名店が自慢の味を競って和歌山城下に出店します。何を食べようか…と、迷うのも楽しみのひとつですね(ノ´∀`*)

私もよさこいを始めて3年めの夏を迎え、踊りは決して上手ではありませんが(;・∀・)、ますますその魅力にとりつかれています。
本番を迎えるまでの3ヶ月間、振りを覚え、ひたすら踊りこみ、仲間たちと一つのものを作り上げて行きます。
練習はとてもハードでくじけそうな時もありますが、チームには必ず助けてくれ、励ましてくれる仲間がいて、その絆の強さが踊りの一体感となるのだと思っています。

チームのリーダーの言葉に、好きな言葉があります。
「踊っている自分が感動していなければ、見ている人は感動しない。自分に感動しよう。」
この言葉には、”一生懸命努力し、自信を持って取り組んだことは、相手にも絶対に伝わる”という強い思いがあります。

助けてくれた仲間、家族に感謝し、自分に感動できる夏になるように今年もがんばりますので、お祭りに遊びに来られた際は、応援よろしくお願いします(b´∀`)!

(伊丹)