お仕事コラム

年末のごあいさつ

2019年も残すところ4日となり、ヒカリネッツもおかげさまで本日仕事納めを迎えました。

本年も派遣スタッフのみなさま、派遣先企業さまの多大なるご協力を持ちまして、無事に1年を終えることができました。本当にありがとうございました。

さて、来年は、2020年4月に労働者派遣法が改正されます。

これは、「派遣労働者の同一賃金同一労働」を目指してなされるもので、就業場所である派遣先で待遇に差があることは不合理であり、これを解消するために施行されるものです。

しかし、派遣の働き方は、一概に「同一賃金同一労働」と謳っても、『派遣先が代わるごとに賃金水準が変わる』ことや、『同じ職種であっても、大規模企業と小規模企業では賃金水準に差がある』ことなど、かえって不安定になるのでは?という問題が懸念されます。

改正法ではこの問題点を踏まえて、賃金面やその他の待遇において、決め方のルールが2種類(派遣先均等・均衡方式 と 労使協定方式)に分けられ、どちらの方法を用いるかは、派遣元である私どもに委ねられます。

ヒカリネッツでは、社会保険労務士さんのアドバイスを受けながら、どのように対応するのが望ましいのか、検討を重ね、準備をしている段階です。

派遣スタッフのみなさま、派遣先企業さまにとりましても大きな変化となりますが、私どもは、これまでと変わらぬ信念を持ち、みなさまによりよい環境を整え、満足していただけるよう尽力してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

本年のご縁に心より感謝いたします。

晴れやかな新年をお迎えください。

ヒカリネッツ社員一同