お仕事コラム

念願の高知よさこい。

暑い日が続きます。引き続き熱中症への対策をお願いします。

さて、私は、高知よさこい祭りに行ってきました(*´∀`*)

今年で66回めとなる「高知よさこい」。戦後の町を盛り上げるために始まったこのお祭り。

よさこい発祥の地、高知は、今や全国のよさこい人の憧れの聖地とも言えます。

私は毎年、このお祭りを見物に行くのが夏の楽しみでしたが、今年はなんと「踊り子」として参加しました(゚д゚)!

帯屋町

8/9の前夜祭(前年の受賞チームが演舞する)には参加しませんでしたが、8/10・11の本祭と、8/12の全国大会で、踊りました!

高知よさこい本祭の特徴は、「演舞スケジュールはなく、各々が各会場でエントリーをした順番で演舞できる」というもの。会場によってはエントリーが殺到し、なかなか演舞順がまわってこないことも。

会場は16ヶ所あり、どこに行くか、その時の判断によって、演舞回数が大きく左右されます。

私たちは運よく、1日めは6会場、2日めは延べ7会場で踊ることができました。全国大会(5会場)とあわせると約50回は踊ったでしょうか( ゚Д゚)

会場は、地元の商店街やその地域に住む人達で運営されていて、どの会場でも、沿道で暖かく応援してくれます。

前進しながら踊るパレード形式で進んで行くと、一生懸命うちわで扇いでくれたり、マイ鳴子を鳴らしてくれたり、「がんばれ!」と声援を送ってくれたり。小さい子供からおじいちゃんおばあちゃんまでが、本当に熱く応援してくれました。

地方車1

その光景はとても感動的で、決して忘れることはないと思います。

町中の誰もがこのお祭りを楽しみにしていて、「高知に来てくれてありがとう!」と歓迎し、応援してくれます。

観客は踊り子に魅了され、踊り子は観客に魅了されます。

それはまさに、「高知よさこい」が、長く愛されるお祭りである所以かもしれません。

高知で一度踊ったら、また高知で踊りたくなる気持ちがわかりました。

今回、踊り子を先導しながら音楽を鳴らす「地方車(じかたしゃ)」に、『ヒカリネッツ』と『光運輸』に、ご協賛いただきました。

協賛看板

ありがとうございます!

会社の看板とともに高知の町を走り回りましたよ(*´∀`*)

宣伝効果は、今のところ不明です(笑)

フラフ

かっこよすぎる旗士!

しばらく高知ロスに陥っています(笑)