お仕事コラム

桃の節句。

新年のご挨拶をしてから早くも1ヶ月が過ぎ、「行く、逃げる、去る」を実体験するような日々を過ごしています。

寒い日もまだまだ続きます。春の訪れが待ち遠しいですね。

節分が終わり(もう10日も前ですがι(´Д`υ))、もうすぐ「雛祭り」ですね。

雛祭りの歴史は遠く平安時代に遡ります。

平安貴族の子供たちの、雅な遊びごとであった人形遊びを「雛遊び」といいました。

そのころ、紙で作った人型を川に流して厄払いをする「流し雛」という行事もありました。

この2つが結びつき、雛人形は厄除けの「守り雛」として飾られるようになり、桃の節句に、女の子の成長と幸せを祈る行事として、今に残る「雛祭り」の風習となったのだそうです。

雛人形は、親王と親王妃のご婚礼の様子を表しているといわれます。

子供の頃、桃の節句のたびに飾られる綺麗な着物のお雛様や、小さな嫁入り道具(箪笥やお針箱)に、心が躍ったものです。

今は、住宅事情などにより、5段飾りや7段飾りのお雛様を飾る家は少ないのかもしれませんね。

江戸時代、大きな雛人形を飾ることが禁止された時期があり、小さくて精巧な雛人形が流行ったそうです。

今はまた、その流行りがきているのかも?笑

形にこだわらず、日本人が古来から受け継いできた「桃の節句」に、大切な人の幸せを願いたいと思います。

hinamaturi

(うちは100均のお内裏様とお雛様を飾りました笑)

桃の花が咲くまでもう少しでしょうか(*´∀`*)