お仕事コラム

知らなかったです!

急須の注ぎ口に付いてるビニールキャップ 「不要なので外して」とお茶屋がツイート、ネット民衝撃受けまくる

Twitter上で、急須の注ぎ口に付いている“ビニールキャップ”について「お茶を淹れる際には不要ですので外してください」という投稿がされ話題になってます。

急須 ビニールキャップ 不要 お茶の川村園 Twitter

この急須の状態は間違いだった?

 

急須 ビニールキャップ 不要 お茶の川村園 Twitter

取ってる?付けてる?

 

これに対しTwitterでは、「衝撃の事実!!!!!!!!」「子供の頃にモヤモヤしてた疑問が晴れた!」と驚きの声と同時に、「付けっぱだった」と付けて使用していたという人の声が多く上がっています。また、ビニールキャップの形が斜めに切られている点やそのままでも使える点に疑問を感じる声もみられ、注げないよう「塞がってる方が良い」というコメントや、他にも「垂れ防止なのかと思ってた」やこぼれないように「わざわざ買ってきてつけて使ってます」という声も。

お茶の川村園アカウントでも「困ったことに、ホームセンターなどでビニールキャップだけ売っていたりします」と誤解が広まっていることを指摘。「使用中の破損防止として、熱湯利用を前提に作られていればアリかもしれませんが、その場合でもよく洗うなど衛生面を考えてご利用いただければと思います」ともリプライで答えています。

 

同じような理由ですが、薬ビンの中にあるビニールは捨てましょう。

ビンの中に錠剤が入った薬のフタをあけると、ビニールが詰めてあります。

これがなくなると薬の効果が薄れるわけではありません。

それどころか、このビニールを再び入れることで、雑菌や異物が入ってしまいます。

注意書きにも捨てるように指示されています。

イメージ 1

 

 

あと購入したインスタントコーヒーのビンのふたを開けると、中身は紙でふさがれています。

指で穴をあけたり、紙を途中まで開けたりすることがありますが、全部はがしてしまうのが一番いいそうです。

そうすることで、より密閉度が増します。(そのためには、紙を残さないように丁寧に取り除くことが必要です)

また、紙は水分を含んでしまいますので、付けたままにしておくとコーヒーに湿気を与えてしまうというデメリットもあります。

 

 

勉強になりました・・・

 

 

(鹿室)