お仕事コラム

言葉って難しい!

五月晴れ” 皆さんはどのように読みますか?

実は読み方が2つありまして、
それは「さつきばれ」 と 「ごがつばれ」 になります。
通常は「さつきばれ」と読むことが多いようですが、問題は「さつきばれ」と「ごがつばれ」では意味が違ってくるのです。

さつきばれ

「さつきばれ」は、そもそも、五月に使う言葉ではありません。
さつきばれの意味は、旧暦の五月である新暦の6月~7月にかけての、「梅雨の時期の晴れ」のことを指す言葉になります。
そして「さつき」とは本来「皐月」と書きます。皐月の語源は「早苗月」と言われていて、「さつき」は稲作と深い関係があります。という訳で「さつきばれ」は、「梅雨の時期の晴れ」になるんです。

ですが最近では5月の晴天の日」として定着していて、

驚きは、広辞苑にも、「5月の空の晴れわたること、またその晴れわたった空」と書いてあり、本来の意味とは違う意味が定着しつつあるようです。

 

ごがつばれ

ごがつばれは、「新暦の五月上旬~中旬頃の晴天」を表します。

五月頃から大陸に流れ込んできた高気圧によって、晴れ間が続くことがありますが、そんな時に使う言葉になります。

ちなみに ”小春日和” も勘違いしやすい言葉で、「爽やかな春の日」と思われがちですが、

実は、「晩秋~初冬にかけた時期の暖かい日」の事を言うそうです。

言葉って難しいですね。 さあ、いよいよ明日から連休です、お仕事のスタッフさんは頑張って下さい、よろしくお願いします。お休みのスタッフさんは楽しい休日を、過ごして下さい。

(鹿室)