お仕事コラム一覧

始まります。

またまた、大人数による短期の作業が始まります。

詳細はHPに掲載しますので問い合わせ下さい。

(鹿室)

 

締切間近です。

先日掲載させてもらったクリーンスタッフですが応募多数の為、

締切間近です、考えている方はお早めに。

(鹿室)

 

季節の変わり目

季節の変わり目、それはいつ?よく「季節の変わり目には体調を崩す」といいますが、その「季節の変わり目」とはいつを指すのでしょうか?気象庁の区分では、3月~5月が春、6月~8月が夏、9月~11月が秋、12月~2月が冬とされています。

季節の変わり目は、1日1日・朝晩の寒暖差も大きいため、体へ大きなストレスがかかります。特に年度の変わり目でもある3月~4月は、就職・転職・部署移動・進級進学…など、環境の変化も多い時期。環境の変化は心への大きなストレスとなります。季節の変わり目でも、特にこの時期に体調不良を感じる人が多いのではないでしょうか。

季節の変わり目は、自律神経の乱れによりさまざまな体調不良を起こしやすい、ということはおわかりいただけたでしょうか。寒暖差の激しい3月~4月、9月~10月は、体と心のストレスを減らし自律神経を整えるよう努めましょう。そのために対策したいことを5つ上げます。

 

 

 

(1)いつもより多めの睡眠

免疫力を上げるためには睡眠が最も重要。睡眠中は副交感神経が優位に働き、体や心の疲れを癒やします。

 

 

(2)生活のリズムを整える

規則正しく寝起きし、できるだけ決まった時間に食事を摂るようにしましょう。生活のリズム、すなわち体内時計を整えることで、交感神経と副交感神経のバランスが取れるようになります。

 

 

(3)リラックスタイムを設ける

ぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、照明を落とした部屋で静かな音楽を聴いたり…体と心をリラックスさせることで、副交感神経が優位に働くようになります。

 

 

(4)運動する習慣をつける

1日5分から、ストレッチでも構いません。毎日少しずつでも運動するようにしましょう。かといって、急に激しい運動をはじめるのは逆効果。無理のない範囲で、生活に運動を取り入れてみてください。

 

 

(5)栄養バランスに配慮する

ビタミン、ミネラル、カルシウムなどは自律神経を整えます。偏った食事はNG!きちんと3食、栄養バランスの取れた食事を摂るよう心がけてください。

この5つ以外にも、気のおけない友達と遊んだり、趣味を楽しんだり…と、自分の好きな方法でストレスを発散することも大切です。また、気温の変化には、カーディガンなど衣類で調整できるよう予め準備しておくとよいでしょう。そして、体調を崩してしまったときはしっかり休養!無理は禁物です。

ちょっといいお話。

とある学校の担任の先生が生徒に出した宿題。

最後の宿題

提出期限なし

「幸せになりなさい」

君たちが宿題を出す頃に

おそらく僕は天国にいるでしょう。

急いで報告に来るな、

ゆっくりでええから

いつか面とむかって

「幸せになったで」と

聞かせてください。

待ってるで。

FB_IMG_1460444832503

FBで見つけたのでご紹介します。

ヒカリネッツのHPに新しい求人を掲載しています、どしどしご応募下さい。

(鹿室)

新規!

昨日、新規案件をいただきました。

近々、掲載しますのでお楽しみに!!

(鹿室)

♪SAKURA♪

1459917912411

桜咲く春の定番イベントといえばお花見。一番きれいに花が咲く名所など人気スポットは日本各地にあります。天気の良い日はお弁当を食べながらのんびりお花見なんて最高ですよね。

1459917884027

皆さん、もうお花見は行かれましたか?

今回も営業中に車を停めて写真を撮りました!!

1459917898656

今、ヒカリネッツではたくさんのスタッフを募集しています。

親子、友達同士、知人など、まずはお電話下さい。お待ちしています♪

 

 

桜の季節です。

今年も桜の季節がやってきました。

日本人の98%が好きだと言われている桜。

そんな桜にまつわるエトセトラ。

花見の始まり

花見の始まりは、奈良時代に中国から伝来した梅を鑑賞する貴族の行事が起源だと言われています。「万葉集」には桜より梅に関する歌の方が多く詠まれています。それが平安時代以降、梅よりも桜の花見が主流になったようです。

ワシントンD.C.の桜とその返礼の花

花見は日本だけのものではありません。今や人気名所となった米国の首都ワシントンD.C.の全米桜祭りには百万人以上の人が訪れるそうです。
明治の終わりに友好のあかしとして日本から贈られた桜が始まりというのは有名な話ですが、では、その返礼として1915年、米国から日本に送られた花があることをご存知でしょうか。今では公園や街路樹で多く見受けられるようになった花です。今年でちょうど100年、その花とはハナミズキだそうです。

沖縄の桜は恥ずかしがりや!でも芯が強くすぐハラハラと散らない

沖縄の桜は12月から1月にかけて咲きます。カンヒザクラ(寒緋桜)という種類の桜です。本土で多く見られるソメイヨシノに比べ、花の色が濃く、恥ずかしそうに?うつむき加減に下に向いて咲きます。本土の桜ソメイヨシノと違い1週間以上咲き、ハラハラとは散りません。(1か月近くも楽しめるとか、また椿みたいにしぼんでポテッと落ちる)

 

敷島の大和心を人とはば朝日に匂ふ山桜花

国学者 本居宣長の和歌です。
桜を日本人の「こころ」ととらえ、桜を見て「美しいなぁ」と感嘆の声を上げる、理屈抜きで美しさに感動することこそが日本人の精神だというのです。
桜を愛してやまない日本人。これからもずっと日本の象徴の花となりつづけるでしょう。

 

ヒカリネッツでは、随時スタッフを募集しています、いつでもご応募下さい。

(鹿室)