お仕事コラム一覧

おいしいだけじゃありません。

春らしい陽気に、どこかへ出かけたくなりますね(*´∀`*)

景色のきれいなところでおいしいものを食べてのんびり過ごし、日常を忘れる時間を作るのも、ストレス解消のよい方法です。

ところでみなさんは、アーモンドは好きですか?

実は、アーモンドは、とても栄養価が高く、1日20粒~25粒食べることを習慣にすると良い効果がたくさんあります。

□ダイエット効果  アーモンドの主成分は、オレイン酸、リノール酸という「不飽和脂肪酸」です。「不飽和脂肪酸」とは、常温でも固まらない油分のことで、体内に入っても液体であるというのが特徴であり、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあるといわれています。

□美肌効果  美肌作りに必要なビタミンEを豊富に含んでおり、ニキビの改善によいとされるビタミンBもたっぷりです。

□アンチエイジング効果  抗酸化作用を持つビタミンEが豊富なことに加えて、アーモンドは、AGEの生成を抑えてくれます。AGEは「終末糖化産物」といって、タンパク質と糖が過熱されてできる物質のこと。AGEが血管内にたくさん溜まってしまうと、肌が老化してシワやシミを増やしてしまうだけでなく、体内の組織に作用するので、老化や生活習慣病、さまざまな病気を引き起こしかねません。

□便秘の改善  食物繊維を多く含んでいるので、お通じの状態をよくしてくれます。

□むくみの改善   体内の水分代謝に関わるカリウムを含んでいます。そのため、体内の余計な水分を排出してくれるので、むくみの予防につながります。

□貧血予防  鉄分と亜鉛を豊富に含んでいます。鉄分は貧血を防ぐ要の成分ですし、じつは「亜鉛欠乏性貧血」という言い方もあるほど、亜鉛不足も貧血の原因。その二つを含むアーモンドは、貧血の予防を促してくれます。

□冷え性の改善  オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸やビタミンEは、血をサラサラにしてくれるので、血流が良くなり、冷え性が改善します。

7c750f3004fd275566b5494a12a20fd4

アーモンドを食べる際の注意点
▶皮も一緒に食べる  アーモンドの皮にはポリフェノールが含まれており、この成分がアンチエイジングを後押ししてくれます。皮ごと食べるようにしましょう。

▶密閉容器で保存  アーモンドは空気に触れると少しずつ酸化していきます。せっかくのアンチエイジング効果が薄くなってしまうので、保存する際はビンや缶など密閉容器を使いましょう。

▶味付きアーモンドは控える  塩漬け、砂糖漬けのアーモンドでは、塩分や糖分の摂取量が大幅に増えてしまうので、逆効果になりかねません。素焼きアーモンドを選ぶようにしてください。

 

特に女性に必要な栄養素が多く含まれているアーモンド。1日20~25粒の新習慣をお試し下さい♪

 

 

 

 

 

 

\製造業大募集/

和歌山市中心部で製造業のお仕事が大募集しています!

      【長期派遣です】

 

①大手電機メーカーでの組立   20名

②大手電機メーカーでの部品の加工、配管   20名

③ニット編機の組立、部品の加工   37名

 

♪詳しくは、お仕事情報をご覧ください♪

スマイル。

ここ最近は、気候の変調が多いような気がします。

昨日は、夏!?と思うように暑かったですが、今日は花散らしの雨と風が強く吹いています。

春らしいぽかぽか陽気が待ち遠しいですね。

 

さて、4/10、フィギュアスケートの 浅田 真央 選手がブログで、現役引退を発表しました。

記者会見で、どんな質問にも真摯に答え、涙を隠して『笑顔』で締めくくった浅田選手。

その健気な姿が、また、新たな感動を呼びましたね。

AS20170412001795_comm

浅田選手は、5歳でフィギュアスケートを始めました。

その活躍は、みなさんもよく知るところですよね。

頭角を現した頃、彼女はとても天真爛漫な女の子で、そのキャラクターに魅了された人も多いのではないでしょうか。しかし、かわいらしい女の子である反面、とてもひたむきにスケートに向き合い、人一倍(以上かも知れません)努力を積み重ねていました。

a9520e7bb1297376726585c3d98e8a26

ジュニア時代にトリプルアクセルを成功させた浅田選手。シニアに上がって、体型の変化などに悩まされながらも、グランプリファイナルで4度、世界選手権では3度、金メダルに輝いています。

19歳で初めて出場したオリンピック、バンクーバーオリンピックでは、銀メダルに悔し涙を流しました。

そして、ソチオリンピック、フリープログラムでの、多くの人に感動を与えた記憶にのこる演技。引退会見では、この演技が自らのキャリアで一番印象に残っていると語りました。

1402220001

浅田選手の功績は、彼女自身の努力と、家族の絆が支えとなって、なし得た事であると思います。

浅田選手の母、匡子さん(享年48歳)は、コーチ、トレーナー、マネージャーでもありました。独学でトレーニング理論を身につけ、記したノートは100冊以上。「試合で目が合うと真央が弱くなっちゃう」と試合には立ち会わず、厳しく裏方に徹しました。
バンクーバー五輪の銀メダルで、匡子さんに「銀メダルは、ものすごいことなんだよ。がんばったね」と言葉をかけられ、悔し涙にくれていた浅田選手に笑顔が戻りました。

姉、舞さんは、自身もフィギュアスケート選手でしたが、引退後は浅田選手を全力でサポートして来ました。

ソチオリンピックのショートプログラムで、本人も予想だにしない16位という結果に、フリープログラムを前に失意に包まれた浅田選手。この時、姉、舞さんは、亡き母の代わりに、自分が真央を叱らなくてはいけない、と、浅田選手に電話でこう言ったそうです。

「これまで何百回、何千回もジャンプを跳んできて、できないわけないんだから、もったいない。自信をもって思い切ってやってこないとダメだよ」

この言葉で、浅田選手は闘う気持ちを取り戻し、自分の納得できる演技をする決意をしました。

一人でリンクに上がることは、とても孤独に見えますが、彼女はいつもたくさんの人の支えを力に変えて滑り、多くの人に感動を与えてくれていたのではないかと感じます。

浅田選手は、引退後の人生の目標を、どんな言葉で表すかという質問に、『スマイル』と答えています。

spo14022308110007-p5

(ソチオリンピックシーズンのエキシビジョンプログラムは、応援してくれているすべての人に感謝の気持ちを込めて滑った「スマイル」でした)

浅田選手、たくさんの感動をありがとう!

真央ちゃんの、これから先の人生が、笑顔であふれますように。

52492

(私が好きなプログラム、バンクーバーオリンピックシーズンのエキシビジョンプログラム、カプリース。急に大人っぽくなってドキッとしたのを思い出します)

・:*:・(*´∀`*)・:*:・

 

 

 

 

今日のお昼ご飯♪

1491811485674

今日は営業の途中、気分転換に桜の木の下に車をとめて弁当を食べました!!

1491811498531

1491811514478

仕事や勉強に集中できない。なんとなく気分がモヤモヤする…。そんな時、ちょっと気分転換になる良い方法はないかなぁ?と思ったことはありませんか?

長時間同じ作業を続けている時や、少し疲れてしまった時など、気分転換をして気持ちがスッキリすると、効率・やる気もアップするかもしれません!

 

皆さんは気分転換の方法は何かありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックに企業ページを開設しました!

フェイスブックヘッダー

フェイスブックユーザーのみなさん!

「ヒカリネッツ」で検索して、いいね!して下さい!

よろしくお願いしますヽ(´ー`)ノ

(伊丹)

無意識にしていませんか?

桜の開花が少し遅れたからでしょうか?

4月を過ぎてやっと、 ”春” を実感しています。

新生活をスタートした方もいらっしゃるのでは?

環境の変化に戸惑うこともあるでしょうが、何事にも楽しめる心のゆとりがあると良いですね♪

さて、昨今よく耳にするハラスメントという言葉。みなさんもよくご存知かと思います。

ハラスメントは、「嫌がらせ・いじめ・迷惑行為」という意味を持ちます。

最も身近に聞くのは、セクハラ(セクシャル・ハラスメント/性的な嫌がらせ)、パワハラ(パワー・ハラスメント/地位や権力を利用して就業環境を悪化させる)などでしょうか。

このほかにも、モラハラ(モラル・ハラスメント/モラルを押し付けて精神的に追い詰める)や、マタハラ(マタニティ・ハラスメント/育児休暇に対する嫌味や辞職の強要など)は、よく知られているかも知れません。

現在、ハラスメントの種類は、32種類あります。ちょっとびっくりですよね(゚д゚)!

その多くは、「わざと」行われるものが多いのですが、中には「無意識で」ハラスメントになってしまっている事もあるのだそうです。

■ジェンダー・ハラスメント(ジェンハラ)

性別に拘った考えを押し付ける「女だから〇〇しなければならない」「男のくせに」

■エイジ・ハラスメント(エイハラ)

年齢に偏った考えを押し付ける「まだ若いから…」

■カラオケ・ハラスメント(カラハラ)

カラオケに行って、嫌がる相手に無理やり歌わせる

■スメル・ハラスメント(スメハラ)

本人は良いと思ってつけている香水や柔軟剤の匂いが、きつ過ぎて不快感を与える

■スモーク・ハラスメント(スモハラ)

避けられない状況での受動喫煙

■ブラッドタイプ・ハラスメント(ブラハラ)

血液型に偏った考えを押し付ける「A型なのに…」

■ソーシャルメディア・ハラスメント(ソーハラ)

地位や権力を使ってSNSでのつながりやコメントを強要したり、部下の投稿にしつこくコメントを入れて監視する

■ゼクシャル・ハラスメント(ゼクハラ)

結婚の意志がないパートナーに、結婚を強要する

 

中には、こんなことまでハラスメントに!?と、思うような内容のものもありますよね。

同時に私は、もしかしたらこのぐらいの事は、やることもあるかも知れない…と思う内容もあり、ドキッとしました。

信頼関係を築けた仲間同士なら、そこまで神経質にならなくても良いとは思いますが、大切なのは、『尊敬』の気持ちや『思いやり』の心で、人と接する事なのではないでしょうか( ´∀`)

小さい頃、みんな教わりましたよね。

『人の嫌がる事をしてはいけません。』

改めて心がけてみると良いかも知れませんね。

また、自分の受けている行為が、ハラスメントなのでは?と思ったら、一人で悩まずに、相談して下さいね。

みなさんが、楽しい毎日を過ごせますように。

 

( ´Д`)ノ(伊丹)