お仕事コラム一覧

どうやったら上手くいく?仕事と育児を両立させるコツ

そろそろ職場復帰・・この先どんな毎日が待っているのだろう・・そんな風に不安を抱えている育休中の正社員ママ達。これからはのんびり過ごしてはいられない、分かってはいるけど具体的にどう乗り切ればいいのかしら。

育児も仕事も頑張りたいママにちょっとしたコツをご紹介します.

 

毎日の生活に少しでもゆとりを持たせる

育休が終わりいよいよ職場復帰。慣れない毎日です。朝早く起きて、ご飯の支度、自分の着替えにお化粧、子供に朝食を食べさせ着替えさせる。洗濯と掃除はいつやる?

こんな風にバタバタしてしまわないよう、時間を上手に使っていきましょう。

 

朝はいつもより30分早く起きる

仕事も育児も両立させたい、簡単にそう言うママが多いのですが、両方を手に入れたい場合は努力が必要です。

まずいつもより30分早く起きましょう。この30分を有効に使うことで朝のバタバタや帰宅後の忙しさから少しでも自分を解放するようにします。

朝のバタバタが苦手な人は、早く起きた30分で出来るだけの朝仕事をこなします。

子供と夫が寝ている間に自分の支度を済ませてしまう、3人分の朝食を作っておく、洗濯を干してしまう。この30分を活用するだけで朝が大分楽になります。

帰宅してから慌ただしいのが苦手な人は、早く起きた30分で帰宅後にやるべきことを済ませてしまいます。

夕御飯の仕込みをする(野菜をカットしておく、お米を研いでおく)、翌日の着替えの準備、保育園の準備を済ませる。これだけでも帰宅してからが大分楽になります。

 

夫を上手に説得し協力を得る

共働きをするということは、お互いが助け合って働いていくということです。ママばかりに負担がかかると必ずしわ寄せが来ます。復帰する前に夫婦でよく話し合い、協力が得られるようにします。

夫の説得は最初が肝心です。最初から夫が協力しない状態を作ってしまうと、その後の協力は難しいと考えて下さい。

まず妻が働くのは何のためか、どうして共働きしなければいけないのかを話し合います。毎月の生活費を補填したい、マイホームが欲しい、子供の教育費が必要だから。ここで分かるのが「夫の収入だけでは厳しい」という現実です。

夫を収入面からフォローするので私にも協力して欲しい、ということを「やんわり」と伝えましょう。決して「あなたのお給料が少ないから働くのよ!」と強く言ったりしてはいけません。上手に持ち上げて協力してもらえるように促してみてください。

話し合ううちに「そうだね、二人で働けば大分楽だし、マイホームも現実的だね、子供の為に貯金もできるね」ということが夫にも分かってきます。

そこまで分かってもらえたら、家事の分担の話をしてももう大丈夫です。金銭面で不安になるなら、少しくらい家事を手伝うよ。と言ってもらえるはずです。

家事の分担はその夫婦の生活スタイルによって変わってきます。夫の方が出勤時間が遅いなら、子供を保育園に連れて行ってもらえるようにお願いできます。料理が好きなご主人には朝食をお願いできますね。

お互いできることをやるようにすれば、時間にゆとりが生まれてきます。

 

週末の時間を有効活用する

例えば土日休みの夫婦の場合、つい土日とも遊びに出かけてしまいます。日々ストレスがありますから仕方ないですが、これでは自分たちの首を絞めるばかりです。

土日のどちらかは思い切り遊び、残りの1日は自宅で過ごし、普段片付かない家事をこなしたり翌週の準備をする時間に充てます。

では、日曜日は自宅にいる日と決めたとします。この日はまず「1週間分の献立を決めて買い出しに行く」から始めます。

月曜から金曜までのメニューを決め、それに必要な買い出しをしてしまえば平日に慌ただしい思いをしなくて済みます。まとめ買いは家計にとってもプラスになるので一石二鳥です。

6月にないもの。

梅雨入りしたはずなのに、雨に降られることもない毎日です。

洗濯物に悩まされなくてうれしい反面、恵みの雨が降らないと心配でもありますね。

日差しがきつくなり、早くも熱中症のリスクが高まっています。こまめな水分補給や塩分補給などを心がけて下さい。

 

さて、「6月にないもの」、といえば?

 

漫画『ドラえもん』で、のび太くんが、「大嫌いな6月!1年を通じてもっとも不愉快な6月!」と、かわいそうなくらい6月をけなします。

理由は、「国民の祝日が1日もないから」。

 

そう、1年を通して、6月だけが、祝日がないんですね(;´Д`)

 

このお話の中で、ドラえもんに、『日本標準カレンダー』をいうひみつ道具を出してもらったのび太くん。

6月2日を、『勤労感謝の日(11/23)』に対抗して、誰も働いてはいけない『ぐうたら感謝の日』と制定します。

眠い2

ぐうたらテレビを見たりして過ごしますが、お腹がすいてもママはぐうたら精神を忠実に守っているので、ご飯を作ってくれません。

空腹のあまり猫から魚を奪うと、同じくお腹を空かせたジャイアンに強奪され、交番に助けを求めるも、おまわりさんも休んでいます。

耐えられなくなったのび太くんは、結局「ぐうたら感謝の日」をとりやめにする、という結末です(゚д゚)

ちなみにこのときお腹が空きはじめたドラえもんは、しっぽを引っ張って電源を切り、1日をやり過ごそうという地味にズルい手を使っています(笑)

この漫画の中に、「とかく日本人は遊ぶことにさえ必死になる。こういう日ができたことはとても良いことだ。」というセリフが出てきます。

これはもしかすると、藤子先生からの、忙しい日本人に対するメッセージかも知れませんね(*´∀`*)

 

mig

(このテレビ放送シーンは録画放送で自動再生で配信されている、という、徹底したぐうたらっぷり(;^_^))

 

日本には『全日本ぐうたら協会』というものが、すでに20年ほど前に発足され、「何もしない」という活動方針の下、今日まで存続してきているそうです。

会員状況もさっぱりわからないそうで、なぜなら協会の存在が知られておらず、さらに勝手に会員を名乗ることを許可しているからだそう。

それ、活動してるんかい!と、突っ込みたくなりますが、そもそも「ぐうたらすること」が活動内容なので、間違ってはいないのかも?笑

さらに、ぐうたらぶりが極めて立派だと認められた会員に対して、会長である『何にも仙人』より、ぐうたらネームを授与されるそうです(笑)

 

祝日のない6月ですが、第1日曜日は『プロポーズの日』、第3日曜日は『父の日』と、ステキな思い出になったり、感謝をしたりする日もあります。

6月の花嫁は幸せになれるという『ジューンブライド』の言い伝えもありますね。

6月はのび太くんがいうほど悪くないと教えてあげたいです(*´∀`*)

 

 

 

 

\急募/和歌山市北部

河北・河西・加太地区での急募です!

詳細は求人情報をご覧ください

 

次回からも他地区で急募の案内予定です!自分に合った地区でお仕事を探してみてくださいね!