新着情報一覧

● 緊急事態宣言が解除されました。今後注意すべきこと。

5/25、緊急事態宣言が解除されました。

和歌山県では解除後、感染者は出ていません。

県では、一定の移行期間を設け、外出の自粛や施設の使用制限の要請等を緩和しつつ、段階的に社会経済の活動レベルを引き上げていくとの方針が示されました。

注意すべき点は、以下のとおりです。

(1)安全な生活・安全な外出を

  • 「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗い」など基本的な感染予防対策を心がけてください。
  • 感染リスクの高い場所を避けて、安全な場所に外出してください。
  • 6月1日から、行楽や旅行など他府県等への移動の自粛要請を解除します。

ただし、6月18日までは、北海道・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県の5都道県への行楽や旅行等の移動は、慎重な対応をお願いします。

  • 政府から示されている新しい生活様式等も参考にしてください。

(2)密接はダメ 3密はもっとダメ

  • 人と人が密接な状態になることを避け、特に3密は絶対に避けてください。

(3)発熱等、体調が優れないときは

  • 咳や発熱などの症状がある場合は、通勤や通学等であっても、決して無理をして外出せず、クリニックを受診してください。

(4)新しいスタイルの働き方推進

  • 時差出勤や在宅勤務(テレワーク)等の活用を検討していきます。

個人がそれぞれに気をつけて、安全な生活、安全な外出を行いましょう。

 

● 4月1日、派遣法が改正されました。

2020年4月1日、「派遣労働者の同一労働・同一賃金」を目指すべく、派遣法が改正されました。

これにより、派遣会社は、派遣社員の待遇を、次の2つのいずれかの方法で決定することが義務づけられました。

①派遣先の従業員の待遇と均等・均衡になるように設定する『派遣先均等・均衡方式』

②厚生労働省が、毎年、職種ごとに定める賃金額以上にすること、その他待遇の体系全体を、「労働者」と「使用者(雇用主)」の労使間の話し合いによって決定し、一定の事項を定めた労使協定を書面で締結する『労使協定方式』

当社では、②『労使協定方式』を方針とし、2020年3月中に、労働者代表(過半数の労働者の意見を代表する者)を選出し、労使間で、当社作成の『労使協定』を締結いたしました。

概要は、以下の通りです。

●労働局の局長通知で示される「一般基本給・賞与等」をベースに、基本の賃金額を決める(賞与分含む)

●地域指数(地域による賃金額の変動を、指数で表したもの)を賃金額に乗じる

●退職金相当分を賃金額に乗じる

●交通費は実費支給(当社規定 1キロ10円)(2キロ未満は支給無し)

●昇給は、毎年行われる「能力評価」の結果を鑑みて決定される

ほか、詳細は当社にて閲覧の準備をしています。

ご不明な点は当社総務までご確認ください。

 

 

 

● 新型コロナウイルス感染症について、スタッフのみなさまへ。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、全国に緊急事態宣言が発令されました。

スタッフのみなさまには、感染予防を目的とした対応について、下記①~③のとおりご協力をお願いいたします。

①出勤前の体調確認について
出勤前に体温を測定していただき、発熱や風邪の症状がみられる場合は無理に出勤せずに当社担当まで一度連絡をください。状況により保健所相談窓口への連絡や医療機関への受診をお願いしています。
■風邪の症状や37.5℃以上の発熱がある方
■強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
■急に「におい」や「味」の異常を感じるようになった場合
以上のような症状がみられる場合も、無理に出勤せず当社担当まで連絡ください。
※上記の症状がすべて新型コロナウイルスの感染によるものとは限りません

②感染予防に関する実施のお願い
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境はできる限り避けてください。
咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前など石けんやアルコール消毒液などでこまめに手洗いをしましょう。

③感染者発生時の連絡について
万が一、自身及びご家族等周囲の方で新型コロナウイルスへの感染または疑いが発覚した場合は、当社担当まで連絡をお願いします。