お仕事を探す

お仕事を探す

TOP

お知らせ

ヒカリネッツからのお知らせ

no image

2021年04月28日

お知らせ

マージン率等のインターネット上での情報提供

2021年4月1日より、マージン率等の情報を、インターネット上で提供することが原則とされました。
ヒカリネッツでは、厚生労働省の「人材サービス総合サイト」において、マージン率の情報を開示しています。

「人材サービス総合サイト」で検索し、情報のページよりご覧ください。

no image

2021年04月19日

ブログ

初めの一歩。

221年前の今日、伊能忠敬が「大日本沿海輿地全図」という日本国土を実測で測った地図を作成するきっかけとなる、現在の北海道沿岸への測量に出発した日です。
伊能忠敬は、勤勉な子供だったそうです。千葉県の佐原村(現 香取市)で酒造業などを営む「伊能家」に17歳で婿養子に入り、家督を継いで商才を発揮し、資産を蓄えました。
お金の使い方には細かかったそうですが、天明の大飢饉のときには多くの村人を救済し、佐原村からは一人も餓死者を出さなかったそうです。
50歳になった忠敬は、家督を長男に譲り、上京して大好きな天文暦学を「髙橋至時」に学びます。
正確な暦を知るためには、地球の大きさ、日本の大きさを知る必要があり、そのためには正確な子午線一度を計測する必要があると考えた忠敬の思いは、北海道沿岸を計測する国の事業(ロシアへの対策)として実現しました。
この旅に出たとき、忠敬は55歳。
測量方法は特別なものではなく、一点からもう一点に竹の先に房がついた目印を伸ばし、距離と角度を地道に計測。星の位置からの角度や距離でずれを修正するというもの。
気の遠くなるような作業ですね!忠敬の根気強さがわかります。
その後日本全土の沿岸部を、72歳までの17年をかけて10回の測量を行い、地図を完成させた伊能忠敬。実際に地図が完成したのは、忠敬の死後だったそうです。
しかも、開国前の日本はこの地図を国家機密として扱い、40年間公表されることはありませんでした。
精度の高さが世界に評価された伊能忠敬の技術。しかし忠敬はこの偉業を「名誉のためではない。自然天命である。」と言いました。
「人間夢を持ち、前へ歩き続ける限り、余生はいらない。」
純粋な探求心で歩き続けた伊能忠敬。初めの一歩はどんな思いで踏みしめたでしょうか。

no image

2021年03月17日

ブログ

14歳。

今日は甲本ヒロトさんの誕生日なのだそうです。
甲本ヒロトさんは、言わずもがな「THE BLUEHEARTS」(1985-1995)、現在は「クロマニヨンズ」(2006~)のボーカルです。
日本のロックシーンになくてはならない存在ですが、その偉大さを語ることは心にとどめます。
ヒロト(親しみをこめて呼び捨てで)は岡山で高校までを過ごし、大学進学を口実に上京します。その後、真島昌利(マーシー)と出会い、30年以上もバンドを組み続けています。
将来は親の世話になろうと思っていたヒロトに、マーシーは「お前はやればできる子なんだよ!」と叱咤激励し続けてきたそうで、友達がいなかったヒロトは「マーシーは特別な存在。彼の期待を裏切りたくない」と思ったんだそう。
曲作りのミーティング中にヒロトが大好きな特撮ヒーローのTVを見に部屋へ入ってしまい、怒ったマーシーが隣の住人にTVをあげてしまったエピソードがあります。
二人はプライベートでもとても仲良しで、一緒に東京ディズニーランドに行って、ヒロトがチップとの写真撮影の列に割り込んでチップに怒られてしまったという話も(笑)
ステージ上での心震えるパフォーマンスも、この二人の固い友情があったからこそ。これからもの活躍も楽しみです。

甲本ヒロトさんのことば
『僕がロックンロールに抱くものは、必ず「世の中はこうなんだ」っていう決まり事を壊してくれるもの。これは非常に破壊的で攻撃的な、悪いイメージじゃなくて「お前も生きてていいんだよ」って言ってくれる。「お前みたいなもんでもすっげえ生きてていいんだよ」って許してくれるのがロックンロールなんです』

no image

2021年02月19日

ブログ

プロレスの日。

今日、2/19は「プロレスの日」なのだそう。
これは、1954年のこの日、日本で初めてプロレスの国際試合が行われたことに由来しています。
力道山と木村政彦がタッグを組んで、カナダ出身のシャープ兄弟と戦った世界戦です。
当時、新橋駅西口広場の街頭テレビには、この試合を観るために2万人の群衆が押し寄せたそうです。写真を見ると圧巻ですよね(゚д゚)!

戦後の日本を盛り上げた力道山。
その素顔は、気性が荒く喧嘩も絶えなかったそうです(喧嘩が原因で39歳で亡くなっています)が、華があり、「人たらし」な一面も。
外国人レスラーを空手チョップで倒す姿は人気を博し、日本プロレスの礎を築いた立役者である彼は、「日本プロレス界の父」と呼ばれています。

力道山の名言をご紹介します。
~人間窮すれば通ずるものだ。手が使えなければ足を使う。足が使えなければかみついてでも試合はできる~
追い込まれた時こそ、見えることがある。あきらめなければ、意外な方法で活路が見いだせることもある。

かみつくのが正しいのかどうかは置いておいて、それも含めて力道山らしい言葉ですね。
絶対にあきらめない!という勇気をもらえる言葉です。

no image

2021年01月12日

お知らせ

ご挨拶。

新年あけましておめでとうございます。

さて、2021年を迎え、早くも12日が過ぎました。
昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大に、予期せぬ事態が次々と私たちの身に降りかかりました。
感染対策をしながら不安と向き合う日々は、誰にとっても重い気持ちになるものだったのではないでしょうか。
そんな中にもささやかな楽しみを見いだせた事が救いでした。自宅でできる趣味を見つけた方も多いのでは?

2021年も、このウイルスの影響は甚大なものとなりそうです。
引き続き感染対策を万全に、事態を乗り越えて行きたいですね。

ヒカリネッツといたしましては、昨年施行された「派遣労働者の同一労働同一賃金」に関する法改正から1年を迎える4月に向けて、労使協定の作成準備に入っています。
法改正と同時にコロナウイルス感染拡大の影響が大きく響いた昨年同様、今年も厳しい状況が続くとは思いますが、現在就業中の派遣スタッフさんはもとより、派遣先事業所さま、そして今後ヒカリネッツでお仕事をしていただく方々が、安心していただける環境づくりに全身全霊で取り組みます。

2021年は「粘り強く誠実」な丑の年。実直に、前向きに、力強く進んでまいります。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ヒカリネッツ社員一同
no image

2020年12月21日

ブログ

野菜スープ。

すっかり寒くなりましたね。
空気も乾燥しています。風邪など体調を崩さないように気をつけて下さい。
免疫力を上げて、元気に冬を乗り切りたいですね。
私が最近ハマっていておすすめしたいのは「野菜スープ」です。
たくさん野菜を入れて作った野菜スープは、体をあっためてくれる上に、デトックス効果や免疫力を高めてくれる効果があります。
体にたまった老廃物は、体に不調を及ぼします(肩こりや免疫力の低下など)。
タマネギには、毒素を排出してくれる効果や、肝臓を元気にしてくれる効果が。
ニンジンは、便秘解消や腎臓やむくみにも効果があるそう。
キャベツの水分や食物繊維も、毒素を排出してくれます。
寒いこの時期は、しょうがを入れると体を芯からあっためてくれます。しょうがは消化吸収を高めてくれ、殺菌作用もあります。
トマトやきのこ類には美肌効果が。
温かい野菜スープ、ぜひ作ってみてくださいね。
写真は最近作ったもの。鶏ガラスープにブロッコリーや鶏団子をいれました。

no image

2020年11月25日

ブログ

秋まつり。

11/23の祝日、マリーナシティで「おどるんや秋まつり」というよさこいのお祭りが開催され、私も踊ってきました!
今年は新型コロナウイルスの影響で、毎年8月に行われるお祭りが中止になり、踊り子にとってさみしい夏でした。
この秋まつりは、実に10か月ぶりに開催されたお祭り。踊れることに改めて感謝の1日でした。

演舞前の検温と消毒。演舞中以外はマスクの着用。会話は最小限に。ハグや握手の禁止。厚労省アプリへの登録。
観覧エリアに入る際も検温し、「検温済み」のリストバンドをつける。
ほかにも、参加チームを二部に分けて密を防ぐなど、さまざまな対策を徹底して行われた秋まつり。

人前で踊る楽しさ、会話を交わせなくても仲間に会えた嬉しさに、静かにテンションを上げました。

また、今、感染者の数が増えてきており、しばらく我慢が続くかもしれません。
でもまた、晴れやかな空のもと、安心して踊れる日が来ると信じて、今できる事を。

no image

2020年11月13日

ブログ

はさみの歴史。

全国的に、新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあります。マスクの着用やうがい手洗い・換気などの予防は誰もが徹底されている事と思いますが、改めて気を引き締めたいですね。
何気なくはさみを使っていて「こんな便利なものを発明したのは誰?」とふと気になり、調べてみると、その歴史はとても古いものでした。
世界最古のはさみは、ギリシャで見つかった紀元前1000年ごろのもので、形状はU字型の「握りばさみ」だそう。
これは、羊の毛刈りに使われていたものだそうです。つまり、はさみを発明したのは「羊飼いさん」ということになるかもしれませんね。
日本にはさみがやってきたのは、6世紀ごろ。奈良の古墳から見つかったものが日本最古だそうで、裁縫に使われたのではないか、と言われています。
また、現在私たちが使っているX型の「洋ばさみ」と言われる形のものも、古く中国から伝わっていたようで、正倉院に収蔵されていました(灯明の芯切り、または仏花用との説)。
「洋ばさみ」は、明治以降ポピュラーに使われ出したそうですが、これは、洋装が推奨され、生地とともに裁ちばさみが日本に入って来たこと、「廃刀令」により刀鍛冶がはさみを作りはじめたこと、「断髪令」により散髪をするはさみが作られはじめたことなどが要因にあります。
はさみの構造は「てこの原理」で、2枚の刃を交差させ、作用する1点でものを切ります。
…書いていてもイマイチ難しくてわかりません(笑)

no image

2020年11月06日

ブログ

キーノ和歌山。

今年6月、グランドオープンした「キーノ和歌山」(https://kino-wakayama.jp/)に初めて行ってきました!
もともと南海和歌山市駅があったところに誕生した複合施設で、駅・スーパー・ホテル・飲食店・図書館などがあります。
先週末、キーノ和歌山内の飲食店12店舗の中から好きなお店を回る「バル」が開催されたので行ってきました。
バル限定のメニューとお酒(お店によってはスイーツなど)を、先に購入したバルチケット(3枚つづりで前売り価格1600円!)を使って味わえます。
私たちも大いに堪能しました。
その中の一つ、写真は「蒸しダイニング MusuMusu」のお料理。
小さな丸いせいろに、お魚やお肉、彩り鮮やかな野菜、そしてチーズ!つけだれは、ごま・ぽんず・シーザーの3種類。
おいしくて、写真映えも良く、体にも良い蒸し料理は絶品でした。
通常メニューを見ると、アクアパッツァなどもあり、またゆっくり食べに来たいと思いました。

キーノ和歌山は、木のぬくもりも感じられつつ、スタイリッシュな建物で、楽しめる空間でした。

no image

2020年10月19日

ブログ

マーブルビーチ。

マーブルビーチのクリーンアップ活動に参加しました。
マーブルビーチは、白くて丸い石が敷き詰められたキレイなビーチです。
一見ゴミなんか落ちていないように見えますが、、
よく見ると、花火の空き袋や燃えカス、ライター、お弁当ガラ、ペットボトルなど、たくさんのゴミが落ちていました。
危険なのが、空き瓶。ビーチの硬い石に瓶を落として割れてしまったものが、そのままそこに…子供さんが転んだらと思うとゾッとします。
1時間程度の掃除で、シーズンオフにも関わらず、30袋以上のゴミが回収されました。

海に流されたプラスチックゴミは、紫外線などの影響で小さく粉砕されて行き、やがて眼に見えない大きさとなって海全体に浮遊します。海を汚染するばかりではなく、生物の絶滅危機を招いたり、魚介を食べる人体への影響も及ぼします。
街中でポイ捨てされたゴミも、水路から川に流れ、やがて海にたどり着きます。

ゴミを正しく捨てることやリサイクル意識を大切にして、美しい海と生命を守りたいですね。

マーブルビーチ周辺は、「SENNAN LONG PARK」(https://sennanlongpark.com/)となり、グランピングやアスレチックなどが楽しめるエリアとして注目されています。